シャンパン10本空け「高すぎる」 店員殴った遠藤要の今後

公開日: 更新日:

 懲りていなかった。

 昨年2月に「闇カジノで違法賭博疑惑」を報じられ、約2カ月の謹慎処分を食らった俳優の遠藤要(34)が、今度は“暴力沙汰”だ。

 関係者らによると、遠藤は13日深夜、東京・六本木交差点近くのカフェバーで飲み食い。

「十数人でシャンパンを10本ほど空け、いざ会計となった。店が提示した金額はあくまで“適正価格”で、ボッタクリじゃなかったにもかかわらず、遠藤は『高すぎる』と因縁をつけ、店でアルバイトをしていた俳優の谷川功さん(35)の顔を4、5回殴ったそうです」(捜査事情通)

 2人は“俳優仲間”というわけじゃなく、面識はなかったという。

■“問題児”を使ってくれるところはあるのか

「もともと遠藤は暴走族上がり。800人のオーディションを勝ち抜いた映画デビュー作『クローズZERO』(2007年)の不良役も、地で演じたともっぱらです。下積み時代は、キックボクシングのジムで鍛えていたという武闘派で、そのうえ身長175センチの遠藤に対して、谷川さんは159センチと小柄。太刀打ちできるわけがありません」(芸能プロ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る