大型新人入局で独立決断か? 水卜アナが日テレを見限る日

公開日: 更新日:

 NHKを電撃退社した有働由美子アナ(49)だが、突然の出来事に上層部は、ただ慌てふためくばかりだという。

「当初、本人から『管理職兼現役アナとして局アナ人生を全うしたい』と聞いていたからです。だが、実際は違った。アナウンス部や制作サイドの説得が失敗に終わったということです」(NHK関係者)

 この一連の出来事を対岸の火事と思えないのが日本テレビ。なんと人気&実力ともに女子アナ界のトップをひた走る水卜麻美アナウンサー(31)にまたしても独立話が再燃しているというのだ。さる日テレ幹部が声を潜めてこう語る。

「ここだけの話、水卜アナが退社を申し出たのは一回や二回じゃない。そのたびに次期社長といわれる日テレのK専務が説得に動き、何とか事なきを得てきた。だが今回ばかりは一切、聞く耳を持とうとしない。既に独立を決意しているようなんです。もうどこかのプロダクションから内定でももらっているのかと思うほど自信に満ちあふれている。早ければ年内、遅くとも年度内に退社する可能性がある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

  5. 5

    五輪開会式までに「国内コロナ死者累計2万人」の驚愕試算

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  8. 8

    インド変異株拡大へ秒読み…連絡つかない入国者は1日300人

  9. 9

    五輪開催「感染1日100人以下に」都医師会長が返上アシスト

  10. 10

    インドで新たな変異株が!初期変異株より感染力15倍の衝撃

もっと見る