大型新人入局で独立決断か? 水卜アナが日テレを見限る日

公開日:  更新日:

 NHKを電撃退社した有働由美子アナ(49)だが、突然の出来事に上層部は、ただ慌てふためくばかりだという。

「当初、本人から『管理職兼現役アナとして局アナ人生を全うしたい』と聞いていたからです。だが、実際は違った。アナウンス部や制作サイドの説得が失敗に終わったということです」(NHK関係者)

 この一連の出来事を対岸の火事と思えないのが日本テレビ。なんと人気&実力ともに女子アナ界のトップをひた走る水卜麻美アナウンサー(31)にまたしても独立話が再燃しているというのだ。さる日テレ幹部が声を潜めてこう語る。

「ここだけの話、水卜アナが退社を申し出たのは一回や二回じゃない。そのたびに次期社長といわれる日テレのK専務が説得に動き、何とか事なきを得てきた。だが今回ばかりは一切、聞く耳を持とうとしない。既に独立を決意しているようなんです。もうどこかのプロダクションから内定でももらっているのかと思うほど自信に満ちあふれている。早ければ年内、遅くとも年度内に退社する可能性がある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る