三浦浩一さんの俳優人生を変えた 故・平幹二朗氏との稽古

公開日:

 伝説の劇団「東京キッドブラザース」でデビューして以来、俳優一筋41年。三浦浩一さん(64)はドラマや舞台で活躍してきたが、大きな壁にぶつかった時があった……。

 ◇  ◇  ◇

「もう限界だから、(舞台を)降りようと思ってる」

 カミサン(女優の純アリスさん)にこうコボしたのは9年前の12月のことです。

「何言ってるの。ありがたいと思いなさいよ。あなたに厳しいダメ出しを言ってくれる演出家なんて今はいないんだから」

 途端に言葉を返されて渋々、稽古に行ったのが今も忘れられません。

 その舞台は2年前に亡くなられた平幹二朗さん、麻実れいさん主演の「冬のライオン」(幹の会+リリックプロデュース)です。平さんがヘンリー2世、麻実さんは王妃、僕は息子のリチャードを演じ、2010年1月15日から24日までの東京・グローブ座を皮切りに約半年かけて全国を回りました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る