「顔好きじゃない」 永野芽郁が松雪泰子を見習うべき理由

公開日:  更新日:

「自分の顔が好きじゃない」――NHK連続テレビ小説「半分、青い。」でヒロインを演じている女優の永野芽郁(18)の発言に議論沸騰だ。

 6日に都内で開かれた自身のフォトブックの発売記念イベントで、永野は「(自分の顔を)極力見たくない」「あら探しをして『ブス』って思っちゃう」などと告白。コンプレックスを感じているらしい。

 この発言に、ネット上では「嫌みに聞こえる」「美人ではないが、魅力的」「内心は自分をかわいいと思っているはず」「絶世の美女とは言わないが、味がある顔」などとカンカンガクガク。「永野の発言は本音で、他意はないでしょう」と芸能ライターのエリザベス松本氏がこう言う。

「永野は10代向け女性誌『Seventeen』でモデルもやっている。あくまで比較の問題ですが、お目々ぱっちり、鼻筋も通っている他のモデルと比べたら地味な印象です。連ドラで共演している松雪泰子(45)や井川遥(41)、CMで共演している深田恭子(35)と自分を比べたら、多感な10代なら『自分はブスだな』と思ってしまいますよ。ただ、まだあどけなさが残る、田舎町の元気な少女役にはピッタリはまっています。顔立ちも含めて“未完成”なところが、逆に大人の女優になってからの伸びシロを感じさせますね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る