クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

ワイルドシングス(1998年、米国)

公開日: 更新日:

 イケメン高校教師サムがセクシー女子高生をレイプ。サムは無実を訴えるが、被害者の母親は元セフレで町の権力者だ。娘がレイプされたことに激怒し、逮捕され、裁判に。窮地に陥ったサムに同僚教師が投げた言葉がコレ。

 釣り好きの同僚は、かつてサムに「そんなに魚を食うと、死んでしまうぞ」と言われたことを皮肉ったのだ。昔の大映ドラマか韓流ドラマのように、とにかく大どんでん返しが続く。誰が犯人かと推理しながら見ていても、最後まで黒幕が分からない。

「アウトサイダー」のマット・ディロンがサムを演じ、横暴な刑事を「フットルース」で有名なケビン・ベーコンが好演する。2人とも青春スターだったのに、いまや憎らしいほどの悪人面で、ホント、くせもの役者だ。

 信用できない貧乏弁護士を「ゴーストバスターズ」で名前を売ったビル・マーレイが軽妙に演じるのも一興だし、ボンドガールのデニス・リチャーズが美乳を披露して、レズや3Pに挑戦するのも必見だ。

 男なら、この美乳を拝むだけでも満足だろう。

 ギャルと一緒に自宅で酒でも飲みながら楽しんだら、1時間40分でエンドロールが流れたときには、そのオッパイに吸いつきたくなるはず。お薦めのB級官能サスペンスだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る