• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

ワイルドシングス(1998年、米国)

 イケメン高校教師サムがセクシー女子高生をレイプ。サムは無実を訴えるが、被害者の母親は元セフレで町の権力者だ。娘がレイプされたことに激怒し、逮捕され、裁判に。窮地に陥ったサムに同僚教師が投げた言葉がコレ。

 釣り好きの同僚は、かつてサムに「そんなに魚を食うと、死んでしまうぞ」と言われたことを皮肉ったのだ。昔の大映ドラマか韓流ドラマのように、とにかく大どんでん返しが続く。誰が犯人かと推理しながら見ていても、最後まで黒幕が分からない。

「アウトサイダー」のマット・ディロンがサムを演じ、横暴な刑事を「フットルース」で有名なケビン・ベーコンが好演する。2人とも青春スターだったのに、いまや憎らしいほどの悪人面で、ホント、くせもの役者だ。

 信用できない貧乏弁護士を「ゴーストバスターズ」で名前を売ったビル・マーレイが軽妙に演じるのも一興だし、ボンドガールのデニス・リチャーズが美乳を披露して、レズや3Pに挑戦するのも必見だ。

 男なら、この美乳を拝むだけでも満足だろう。

 ギャルと一緒に自宅で酒でも飲みながら楽しんだら、1時間40分でエンドロールが流れたときには、そのオッパイに吸いつきたくなるはず。お薦めのB級官能サスペンスだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  9. 9

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る