クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

T2 トレインスポッティング(2017年 英国)

公開日:

 1996年公開の「トレインスポッティング」で、仲間を裏切り大金をネコババして故郷を捨てたレントン(ユアン・マクレガー)が、再び故郷に戻る。青春映画の続編は、大人になりきれない大人の騒動を描く。

 ヘロイン中毒で家族や職に見放され自殺を図った親友を救うと、2人は野山をジョギングしながら語り合う。その際、親友に投げた言葉だ。

「何かしなくちゃ」と思いつつもダラダラと年を重ねる大人たちの姿に、「こんなヤツいるよな」と気軽に楽しめる。「スラムドッグ$ミリオネア」でアカデミー監督賞を手にしたダニー・ボイルは前作同様、イギー・ポップやアンダーワールドなどUKポップで軽さを演出し、都会的な映像が続く。それがカッコよく、マジでご機嫌な気分になって癒やされる。

 誰しも若くありたいと思っていても、年だからとあきらめてしまう。そんな後悔を吹き飛ばすバカ騒ぎの連続だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る