クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

T2 トレインスポッティング(2017年 英国)

公開日: 更新日:

 1996年公開の「トレインスポッティング」で、仲間を裏切り大金をネコババして故郷を捨てたレントン(ユアン・マクレガー)が、再び故郷に戻る。青春映画の続編は、大人になりきれない大人の騒動を描く。

 ヘロイン中毒で家族や職に見放され自殺を図った親友を救うと、2人は野山をジョギングしながら語り合う。その際、親友に投げた言葉だ。

「何かしなくちゃ」と思いつつもダラダラと年を重ねる大人たちの姿に、「こんなヤツいるよな」と気軽に楽しめる。「スラムドッグ$ミリオネア」でアカデミー監督賞を手にしたダニー・ボイルは前作同様、イギー・ポップやアンダーワールドなどUKポップで軽さを演出し、都会的な映像が続く。それがカッコよく、マジでご機嫌な気分になって癒やされる。

 誰しも若くありたいと思っていても、年だからとあきらめてしまう。そんな後悔を吹き飛ばすバカ騒ぎの連続だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る