クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

ライフ(2017年、米国)

公開日:

 宇宙ゴミにより破損した火星探査機の回収に成功したISS(国際宇宙ステーション)のクルーは、探査機が採取したサンプルから地球外生命体を発見する。

 真田広之が出演したことで話題となったSFホラーは、名作「エイリアン」を彷彿とさせる現代科学に基づいた展開が興味深い。セリフは、探査機回収の際、危険な船外活動に挑むクルーにISS内の美人検疫官が投げた言葉だ。

 人類初の地球外生命体は、発見当初はクリオネみたいに愛らしかったが、驚異的な進化をとげるにつれ、身が筋肉と脳でできていると判明。そんなモンスターに1人、また1人と殺されていく。

 ヒトデの化け物みたいに巨大化した生命体と奮闘するのは、演技派ジェイク・ギレンホール。クルーのひとりを真田が演じる。この手の映画は、誰がモンスターの餌食になるのかとハラハラしながら楽しむに限るが、演技派俳優の配役を見た瞬間、生き残りが想像つく。美女もきっとそうだし、ね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る