クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

ライフ(2017年、米国)

公開日:

 宇宙ゴミにより破損した火星探査機の回収に成功したISS(国際宇宙ステーション)のクルーは、探査機が採取したサンプルから地球外生命体を発見する。

 真田広之が出演したことで話題となったSFホラーは、名作「エイリアン」を彷彿とさせる現代科学に基づいた展開が興味深い。セリフは、探査機回収の際、危険な船外活動に挑むクルーにISS内の美人検疫官が投げた言葉だ。

 人類初の地球外生命体は、発見当初はクリオネみたいに愛らしかったが、驚異的な進化をとげるにつれ、身が筋肉と脳でできていると判明。そんなモンスターに1人、また1人と殺されていく。

 ヒトデの化け物みたいに巨大化した生命体と奮闘するのは、演技派ジェイク・ギレンホール。クルーのひとりを真田が演じる。この手の映画は、誰がモンスターの餌食になるのかとハラハラしながら楽しむに限るが、演技派俳優の配役を見た瞬間、生き残りが想像つく。美女もきっとそうだし、ね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る