• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

ライフ(2017年、米国)

 宇宙ゴミにより破損した火星探査機の回収に成功したISS(国際宇宙ステーション)のクルーは、探査機が採取したサンプルから地球外生命体を発見する。

 真田広之が出演したことで話題となったSFホラーは、名作「エイリアン」を彷彿とさせる現代科学に基づいた展開が興味深い。セリフは、探査機回収の際、危険な船外活動に挑むクルーにISS内の美人検疫官が投げた言葉だ。

 人類初の地球外生命体は、発見当初はクリオネみたいに愛らしかったが、驚異的な進化をとげるにつれ、身が筋肉と脳でできていると判明。そんなモンスターに1人、また1人と殺されていく。

 ヒトデの化け物みたいに巨大化した生命体と奮闘するのは、演技派ジェイク・ギレンホール。クルーのひとりを真田が演じる。この手の映画は、誰がモンスターの餌食になるのかとハラハラしながら楽しむに限るが、演技派俳優の配役を見た瞬間、生き残りが想像つく。美女もきっとそうだし、ね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る