事件の“犯人”らと交流 映画「獄友」監督が考える幸せとは

公開日:

 映画「獄友」(全国公開中)が話題だ。狭山事件、布川事件、足利事件、袴田事件といった戦後の大事件の“犯人”らの日常や友情を描いた作品である。金聖雄監督(円内)は「僕らの常識から見ると、彼らは不幸に決まっていますが、時々幸せそうに見えるなという瞬間がある」と言う。2010年に狭山事件の石川一雄さんと連れ合いの早智子さんに出会ったのを機に、“獄友”たちと交流を深めてきた。

「偏見と言うのかな。勝手なイメージがあったけど、会ってみると『この人はやっていないな』という“根拠”が生まれる。自分の感覚で確証はないけど、確信は持てますね。それで彼らを集めたらどんな話が出てくるだろうと考えたんです」

 作品を見ていると「幸せとはどういうことだろう?」と考えさせられるものの、不思議と悲観的な気持ちにならない。金監督も言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る