放送作家・鈴木おさむ氏に経営ちゃんこ店“閉店”の真相直撃

公開日:

 人気放送作家の鈴木おさむ(46)がプロデュースするちゃんこ店「ちゃんこ屋鈴木ちゃん」が4月末で閉店していたことがわかった。

 店前ののぼり旗はそのままながら、「4月30日をもちまして閉店いたします」と小さく貼り紙が。電話は数コールののちFAXに切り替わり、ホームページもそのまま。同店は中目黒駅から徒歩5分、桜で有名な目黒川と山手通りの間という好立地。春先の週末は遠方から人が大勢集まるにもかかわらず、こっそり閉店とは何があったのか。

 鈴木氏は森三中の大島美幸(38)の夫で、かつては「SMAP×SMAP」なども手掛けた人気放送作家。力士をバラエティー界に引き込んだ“立役者”で、モンゴル力士、遠藤ブームなども手掛け、宮城野部屋直伝のちゃんこに感動して12年に同店をオープン。外壁には親交のある白鵬(33)の絵がデカデカ描かれインスタ映えスポットとしても有名だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る