井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

昨年の10倍増…悪質な「あおり運転」はやる民度なき社会

公開日: 更新日:

 房総半島の鴨川の町から心地いい海風に追いたてられるまま、少し山あいに上がると、あちこちに棚田が広がっている。その一区画、我が友人が所有する共同水田に助監督たちと一緒に「田植え」の手伝いに行ってきた。泥田に足を突っ込んで、皆で一列に並んで、一斉に苗を植えつけるのが、こんなにすがすがしいものなのか、久しぶりに「労働」を体験した。夕方、海辺に戻って、温泉ホテルの大浴場に飛び込むとたまっていたストレスが一気に消えるのだった。この秋には、実る稲を刈りに行くつもりだ。

 せっかく、労働して飲んで食べて一晩気分よく過ごしたのに、朝になれば、いや応なしに嫌なニュースが次から次とテレビから吐き出される。なんで、こんな現実に戻らなければならないのと思った。「あおり運転」をしたバカなドライバーに対する免許停止処分が、今年は4月までにもう18件もあって、去年の10倍のペースで増えているというのだ。道交法では、今後、それで事故を起こす可能性がある男(まず女性にはいないはずだが)は免許停止にすると規定したのだが、そんな道交法などはなからお構いなしのありさまだ。去年6月のあの痛ましい東名高速の夫婦の(殺人事件に等しい)死亡事故から「あおり運転」対策の声が高まって、その規定を全国の警察に指示していたが、そんなことは知ったことかと逆に「あおり」をはやらせてしまってるのだ。どこまで民度のない社会なんだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る