地域でばらつき 中高生の自転車事故「群馬が全国1位」の謎

公開日:

 この春からわが子が自転車通学を始めたという家庭も多いだろうが、今年1月には群馬県前橋市で、自転車で通学中の女子高生2人が、85歳の男が運転する乗用車にはねられ、1人が死亡するという痛ましい事故が起きている。

 実は中高生の自転車事故には、地域によってばらつきがあるという。

「自転車の安全利用促進委員会」が先月発表した「2016年都道府県別の通学時事故件数ランキング」によると、1万人当たりの事故率では、中学生(27・60件)も高校生(91・96件)も、「群馬」がワースト1位だったのだ。同委員会のメンバーで三井住友トラスト基礎研究所の古倉宗治氏がこう言う。

「群馬は1人当たりの自家用乗用車数が全国1位で、100メートル未満の距離でも4人に1人が自動車を使う土地柄です。人口1万人当たりの交通事故数も全国6位と上位にある。住居地当たりの中学校、高校数が全国平均を下回る分、通学距離が長くなり、自転車通学人口も増えるため、リスクも高まります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る