飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

もうすぐチェックイン 毎年恒例「も~う梅雨サマサマ師匠」

公開日: 更新日:

 ペッコリ45度、ずんの飯尾和樹です。最近やけに父親譲りのくせっ毛がクルクルし始めました。

 いよいよ毎年恒例の梅雨が日本に“チェックイン”しそうな気配ですが、梅雨といえばやっぱり雨が多くて湿度が高くてジメジメと、ややマイナスイメージが梅雨前線がかかる地域で浸透する中で、梅雨よ、ありがとう、も~う梅雨サマサマ! と叫びたくなることってあると思うんです。

 今回は「も~う梅雨サマサマ師匠」をご紹介しましょう~。

 楽しみにしていた久しぶりの神宮での野球観戦当日。誰の涙か知らないが雨がザーザー降り。「何だよ~東京音頭聞きながらビール飲みたかったなぁ~」と色白おっさんが思ったその瞬間も、どこかの空の下から聞こえてきました。よっ出ました! も~う梅雨サマサマ師匠!

 声の主はそろそろ疲労がたまりかけてた選手。特にベテラン勢にとってこの雨天中止は天からの恵みで、ちょっとした植物たちよりも恵みの雨と喜んでることでしょう。ドーム試合の皆さんはひと踏ん張りですね!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  7. 7

    19歳“金の卵”スチュワートはソフトBの熱意にほだされた

  8. 8

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  9. 9

    単身者は6割が「厳しい」と…年金生活で月5万円浮かすコツ

  10. 10

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る