飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

もうすぐチェックイン 毎年恒例「も~う梅雨サマサマ師匠」

公開日: 更新日:

 ペッコリ45度、ずんの飯尾和樹です。最近やけに父親譲りのくせっ毛がクルクルし始めました。

 いよいよ毎年恒例の梅雨が日本に“チェックイン”しそうな気配ですが、梅雨といえばやっぱり雨が多くて湿度が高くてジメジメと、ややマイナスイメージが梅雨前線がかかる地域で浸透する中で、梅雨よ、ありがとう、も~う梅雨サマサマ! と叫びたくなることってあると思うんです。

 今回は「も~う梅雨サマサマ師匠」をご紹介しましょう~。

 楽しみにしていた久しぶりの神宮での野球観戦当日。誰の涙か知らないが雨がザーザー降り。「何だよ~東京音頭聞きながらビール飲みたかったなぁ~」と色白おっさんが思ったその瞬間も、どこかの空の下から聞こえてきました。よっ出ました! も~う梅雨サマサマ師匠!

 声の主はそろそろ疲労がたまりかけてた選手。特にベテラン勢にとってこの雨天中止は天からの恵みで、ちょっとした植物たちよりも恵みの雨と喜んでることでしょう。ドーム試合の皆さんはひと踏ん張りですね!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  7. 7

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る