• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

もうすぐチェックイン 毎年恒例「も~う梅雨サマサマ師匠」

 ペッコリ45度、ずんの飯尾和樹です。最近やけに父親譲りのくせっ毛がクルクルし始めました。

 いよいよ毎年恒例の梅雨が日本に“チェックイン”しそうな気配ですが、梅雨といえばやっぱり雨が多くて湿度が高くてジメジメと、ややマイナスイメージが梅雨前線がかかる地域で浸透する中で、梅雨よ、ありがとう、も~う梅雨サマサマ! と叫びたくなることってあると思うんです。

 今回は「も~う梅雨サマサマ師匠」をご紹介しましょう~。

 楽しみにしていた久しぶりの神宮での野球観戦当日。誰の涙か知らないが雨がザーザー降り。「何だよ~東京音頭聞きながらビール飲みたかったなぁ~」と色白おっさんが思ったその瞬間も、どこかの空の下から聞こえてきました。よっ出ました! も~う梅雨サマサマ師匠!

 声の主はそろそろ疲労がたまりかけてた選手。特にベテラン勢にとってこの雨天中止は天からの恵みで、ちょっとした植物たちよりも恵みの雨と喜んでることでしょう。ドーム試合の皆さんはひと踏ん張りですね!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  9. 9

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る