飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

もうすぐチェックイン 毎年恒例「も~う梅雨サマサマ師匠」

公開日:

 ペッコリ45度、ずんの飯尾和樹です。最近やけに父親譲りのくせっ毛がクルクルし始めました。

 いよいよ毎年恒例の梅雨が日本に“チェックイン”しそうな気配ですが、梅雨といえばやっぱり雨が多くて湿度が高くてジメジメと、ややマイナスイメージが梅雨前線がかかる地域で浸透する中で、梅雨よ、ありがとう、も~う梅雨サマサマ! と叫びたくなることってあると思うんです。

 今回は「も~う梅雨サマサマ師匠」をご紹介しましょう~。

 楽しみにしていた久しぶりの神宮での野球観戦当日。誰の涙か知らないが雨がザーザー降り。「何だよ~東京音頭聞きながらビール飲みたかったなぁ~」と色白おっさんが思ったその瞬間も、どこかの空の下から聞こえてきました。よっ出ました! も~う梅雨サマサマ師匠!

 声の主はそろそろ疲労がたまりかけてた選手。特にベテラン勢にとってこの雨天中止は天からの恵みで、ちょっとした植物たちよりも恵みの雨と喜んでることでしょう。ドーム試合の皆さんはひと踏ん張りですね!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る