飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

もうすぐチェックイン 毎年恒例「も~う梅雨サマサマ師匠」

公開日: 更新日:

 ペッコリ45度、ずんの飯尾和樹です。最近やけに父親譲りのくせっ毛がクルクルし始めました。

 いよいよ毎年恒例の梅雨が日本に“チェックイン”しそうな気配ですが、梅雨といえばやっぱり雨が多くて湿度が高くてジメジメと、ややマイナスイメージが梅雨前線がかかる地域で浸透する中で、梅雨よ、ありがとう、も~う梅雨サマサマ! と叫びたくなることってあると思うんです。

 今回は「も~う梅雨サマサマ師匠」をご紹介しましょう~。

 楽しみにしていた久しぶりの神宮での野球観戦当日。誰の涙か知らないが雨がザーザー降り。「何だよ~東京音頭聞きながらビール飲みたかったなぁ~」と色白おっさんが思ったその瞬間も、どこかの空の下から聞こえてきました。よっ出ました! も~う梅雨サマサマ師匠!

 声の主はそろそろ疲労がたまりかけてた選手。特にベテラン勢にとってこの雨天中止は天からの恵みで、ちょっとした植物たちよりも恵みの雨と喜んでることでしょう。ドーム試合の皆さんはひと踏ん張りですね!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

  9. 9

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  10. 10

    病床の堀江しのぶを守るため“天敵”梨元勝にメディア対応依頼

もっと見る