27歳仏女優が告発 リュック・ベッソン監督に性的暴行疑惑

公開日:

 映画「レオン」「フィフス・エレメント」などで知られるフランスのリュック・ベッソン監督(59)が性的暴行の疑いで告訴され、警察が捜査を開始した。

 匿名で監督を告発したのは27歳のフランス人女優。複数のメディアに「今月10日、パリのシャンゼリゼ近くにあるブリストル・ホテルで、監督から薬が入ったお茶を飲まされて、気分が悪くなり、意識不明となった。レイプされている最中に目を覚ました」と暴露した。そして監督は部屋に多額の現金を残し立ち去ったと主張している。

 また女性は警察に対し、「ベッソン監督と2年間ほど性的な関係にあった」と説明したうえで、仕事のために関係を続けなければならないと感じていたなどと話しているという。

 ベッソン監督は弁護士を通じて告発を完全否定した。監督には映画プロデューサーで妻のビルジニー・シラさん(46)との間に3人の子供がいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  9. 9

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  10. 10

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

もっと見る