27歳仏女優が告発 リュック・ベッソン監督に性的暴行疑惑

公開日:

 映画「レオン」「フィフス・エレメント」などで知られるフランスのリュック・ベッソン監督(59)が性的暴行の疑いで告訴され、警察が捜査を開始した。

 匿名で監督を告発したのは27歳のフランス人女優。複数のメディアに「今月10日、パリのシャンゼリゼ近くにあるブリストル・ホテルで、監督から薬が入ったお茶を飲まされて、気分が悪くなり、意識不明となった。レイプされている最中に目を覚ました」と暴露した。そして監督は部屋に多額の現金を残し立ち去ったと主張している。

 また女性は警察に対し、「ベッソン監督と2年間ほど性的な関係にあった」と説明したうえで、仕事のために関係を続けなければならないと感じていたなどと話しているという。

 ベッソン監督は弁護士を通じて告発を完全否定した。監督には映画プロデューサーで妻のビルジニー・シラさん(46)との間に3人の子供がいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る