27歳仏女優が告発 リュック・ベッソン監督に性的暴行疑惑

公開日: 更新日:

 映画「レオン」「フィフス・エレメント」などで知られるフランスのリュック・ベッソン監督(59)が性的暴行の疑いで告訴され、警察が捜査を開始した。

 匿名で監督を告発したのは27歳のフランス人女優。複数のメディアに「今月10日、パリのシャンゼリゼ近くにあるブリストル・ホテルで、監督から薬が入ったお茶を飲まされて、気分が悪くなり、意識不明となった。レイプされている最中に目を覚ました」と暴露した。そして監督は部屋に多額の現金を残し立ち去ったと主張している。

 また女性は警察に対し、「ベッソン監督と2年間ほど性的な関係にあった」と説明したうえで、仕事のために関係を続けなければならないと感じていたなどと話しているという。

 ベッソン監督は弁護士を通じて告発を完全否定した。監督には映画プロデューサーで妻のビルジニー・シラさん(46)との間に3人の子供がいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る