テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

公開日:

 春の連続ドラマも中盤に。これまでの視聴率を振り返ると、テレビ朝日の刑事ものが圧倒的に手堅い。

 4~6話までの平均視聴率で1位は、V6井ノ原快彦主演の「特捜9」(テレ朝・水曜21時)で14・5%。

 2位も同じくテレ朝の「警視庁・捜査一課長season3」(木曜20時=12・9%)で、3位「ブラックペアン」(TBS・日曜21時=12・8%)、4位はこれまたテレ朝の「未解決の女 警視庁文書捜査官」(木曜21時=12・7%)と僅差で続く。

 5位は「正義のセ」(日本テレビ・水曜22時)の10・0%。先週19日までで、上位5位が2ケタをクリアといった状況だ。

「テレ朝の刑事ものは設定が分かりやすく、1話完結で毎回事件が解決されていくのも分かりやすい。『新鮮味がない』とか言われながらも、ここまで1クールにズラッと刑事ものを並べて、それが上位を独占なんていう状況は、10年前なら考えられませんでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る