テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

公開日: 更新日:

 春の連続ドラマも中盤に。これまでの視聴率を振り返ると、テレビ朝日の刑事ものが圧倒的に手堅い。

 4~6話までの平均視聴率で1位は、V6井ノ原快彦主演の「特捜9」(テレ朝・水曜21時)で14・5%。

 2位も同じくテレ朝の「警視庁・捜査一課長season3」(木曜20時=12・9%)で、3位「ブラックペアン」(TBS・日曜21時=12・8%)、4位はこれまたテレ朝の「未解決の女 警視庁文書捜査官」(木曜21時=12・7%)と僅差で続く。

 5位は「正義のセ」(日本テレビ・水曜22時)の10・0%。先週19日までで、上位5位が2ケタをクリアといった状況だ。

「テレ朝の刑事ものは設定が分かりやすく、1話完結で毎回事件が解決されていくのも分かりやすい。『新鮮味がない』とか言われながらも、ここまで1クールにズラッと刑事ものを並べて、それが上位を独占なんていう状況は、10年前なら考えられませんでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  3. 3

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  4. 4

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  7. 7

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  8. 8

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  9. 9

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  10. 10

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る