テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

公開日: 更新日:

 春の連続ドラマも中盤に。これまでの視聴率を振り返ると、テレビ朝日の刑事ものが圧倒的に手堅い。

 4~6話までの平均視聴率で1位は、V6井ノ原快彦主演の「特捜9」(テレ朝・水曜21時)で14・5%。

 2位も同じくテレ朝の「警視庁・捜査一課長season3」(木曜20時=12・9%)で、3位「ブラックペアン」(TBS・日曜21時=12・8%)、4位はこれまたテレ朝の「未解決の女 警視庁文書捜査官」(木曜21時=12・7%)と僅差で続く。

 5位は「正義のセ」(日本テレビ・水曜22時)の10・0%。先週19日までで、上位5位が2ケタをクリアといった状況だ。

「テレ朝の刑事ものは設定が分かりやすく、1話完結で毎回事件が解決されていくのも分かりやすい。『新鮮味がない』とか言われながらも、ここまで1クールにズラッと刑事ものを並べて、それが上位を独占なんていう状況は、10年前なら考えられませんでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る