“低刺激”だからウケた? 吉高由里子「正義のセ」大健闘の謎

公開日: 更新日:

 4-6月期のゴールデン、プライムタイムの連ドラ平均視聴率は軒並み1ケタ台。話題作はさまざまあるが、2ケタで上位を独占するテレビ朝日系の刑事ドラマの牙城は崩せていない。

 その中で「思わぬ、と言ったら失礼かもしれませんが、健闘と言っていいでしょう」と、テレビコラムニストの亀井徳明氏が注目するのが、吉高由里子(29)が新米検事として奮闘する「正義のセ」(日本テレビ系)だ。

 阿川佐和子原作、日テレ水曜22時枠得意の女子のお仕事ドラマ、急逝した大杉漣さんの代役に寺脇康文を起用し初回は11%とまずまずのスタートし、その後も10%前後をキープ。「ストーリーが一本調子」「事件解決の過程が単純すぎる」「吉高由里子が検事とはほど遠い」など、一般視聴者に加えて雑誌やネットに寄稿するテレビウオッチャーからも辛辣な意見が多いものの、長澤まさみ主演の「コンフィデンスマンJP」(フジテレビ系=月曜21時)より上位につけている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  7. 7

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る