• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“低刺激”だからウケた? 吉高由里子「正義のセ」大健闘の謎

 4-6月期のゴールデン、プライムタイムの連ドラ平均視聴率は軒並み1ケタ台。話題作はさまざまあるが、2ケタで上位を独占するテレビ朝日系の刑事ドラマの牙城は崩せていない。

 その中で「思わぬ、と言ったら失礼かもしれませんが、健闘と言っていいでしょう」と、テレビコラムニストの亀井徳明氏が注目するのが、吉高由里子(29)が新米検事として奮闘する「正義のセ」(日本テレビ系)だ。

 阿川佐和子原作、日テレ水曜22時枠得意の女子のお仕事ドラマ、急逝した大杉漣さんの代役に寺脇康文を起用し初回は11%とまずまずのスタートし、その後も10%前後をキープ。「ストーリーが一本調子」「事件解決の過程が単純すぎる」「吉高由里子が検事とはほど遠い」など、一般視聴者に加えて雑誌やネットに寄稿するテレビウオッチャーからも辛辣な意見が多いものの、長澤まさみ主演の「コンフィデンスマンJP」(フジテレビ系=月曜21時)より上位につけている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る