“低刺激”だからウケた? 吉高由里子「正義のセ」大健闘の謎

公開日: 更新日:

 4-6月期のゴールデン、プライムタイムの連ドラ平均視聴率は軒並み1ケタ台。話題作はさまざまあるが、2ケタで上位を独占するテレビ朝日系の刑事ドラマの牙城は崩せていない。

 その中で「思わぬ、と言ったら失礼かもしれませんが、健闘と言っていいでしょう」と、テレビコラムニストの亀井徳明氏が注目するのが、吉高由里子(29)が新米検事として奮闘する「正義のセ」(日本テレビ系)だ。

 阿川佐和子原作、日テレ水曜22時枠得意の女子のお仕事ドラマ、急逝した大杉漣さんの代役に寺脇康文を起用し初回は11%とまずまずのスタートし、その後も10%前後をキープ。「ストーリーが一本調子」「事件解決の過程が単純すぎる」「吉高由里子が検事とはほど遠い」など、一般視聴者に加えて雑誌やネットに寄稿するテレビウオッチャーからも辛辣な意見が多いものの、長澤まさみ主演の「コンフィデンスマンJP」(フジテレビ系=月曜21時)より上位につけている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  2. 2

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  3. 3

    巨人・上原監督の可能性は?“生え抜きエース”の条件クリア

  4. 4

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  5. 5

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  6. 6

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  7. 7

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  8. 8

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  9. 9

    大船渡・佐々木 1球も投げず初戦敗退で浮上する“故障疑惑”

  10. 10

    今オフにもポスティング 広島・菊池涼介メジャーでの値段

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る