桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

「半分、青い。」で花開く 歳重ねいい味出てきた役者たち

公開日:

 NHKの朝ドラ「半分、青い。」が話題だ。1971年に岐阜で生まれたヒロインの成長物語で、現在は東京で漫画家修業に励んでいる。ヒロイン楡野鈴愛を演じるのは永野芽郁(18)。

 これまでにも映画「帝一の國」「ひるなかの流星」や、ドラマ「こえ恋」(テレビ東京系)、「僕たちがやりました」(フジテレビ系)などにも出演していたが、若者向けの作品が多く、一般にはUQモバイルのCMで深田恭子、多部未華子と3姉妹の末っ子といった方がわかりやすいかも。

 波瑠や高畑充希、有村架純ら昨今の朝ドラヒロインはそこそこ名の売れた女優が起用されることも多いが、今回の永野はそういう意味では新鮮で、この半年でどれだけ成長するかを見守る楽しみもある。

■アイドルやグラドルから脱皮

 そしてもうひとつの楽しみは脇を固める大人たちの存在だ。母・松雪泰子、父・滝藤賢一、祖父・中村雅俊。祖母の風吹ジュンはすぐに亡くなりナレーションを担当しているが、大衆食堂を営む楡野家のザ・庶民な感じがいい。対照的なのは佐藤健演じる幼なじみ律、その母・原田知世、父・谷原章介の萩尾家。写真館を営み、上品かつインテリな雰囲気を醸し、原田や谷原でしか出せない味わいがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る