映画「OVER DRIVE」羽住監督 ラリーを描くのに講じた秘策

公開日:

 1日から公開となる映画「OVER DRIVE」(東出昌大主演、東宝配給)は、自動車競技「ラリー」の世界を舞台にしたエンターテインメントムービーだ。モータースポーツになじみがなくても「楽しんでもらえる自信作」と語る羽住英一郎監督(51)が講じた“秘策”とは――。

「“本物”にこだわりまくって作ったんです」

 邦画では珍しいモータースポーツの世界を描く作品だが、驚くのは劇中に登場する企業ロゴだ。セイコー、トヨタ、パイオニア、横浜ゴム……と、すべて実在するものばかりである。

「モータースポーツは“走る広告塔”といわれるだけあって、スポンサー企業の名前やロゴのウエートは大きいんです。そこが映画だからと架空だったり、ひと文字違うとかだと興ざめしてしまいますよね。とりわけマシンのボディーに入るのはナショナルブランドでないと説得力に乏しい。見る人の興味をそぐようなことはしたくなかったんです」

 使用するマシンは、南アの国内選手権を2連覇したトヨタ・ヤリスを輸入。国内レースで何度も年間チャンピオンになったドライバーやWRC(世界ラリー選手権)参戦経験のあるメカニックから指導を仰いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る