映画「OVER DRIVE」羽住監督 ラリーを描くのに講じた秘策

公開日: 更新日:

 1日から公開となる映画「OVER DRIVE」(東出昌大主演、東宝配給)は、自動車競技「ラリー」の世界を舞台にしたエンターテインメントムービーだ。モータースポーツになじみがなくても「楽しんでもらえる自信作」と語る羽住英一郎監督(51)が講じた“秘策”とは――。

「“本物”にこだわりまくって作ったんです」

 邦画では珍しいモータースポーツの世界を描く作品だが、驚くのは劇中に登場する企業ロゴだ。セイコー、トヨタ、パイオニア、横浜ゴム……と、すべて実在するものばかりである。

「モータースポーツは“走る広告塔”といわれるだけあって、スポンサー企業の名前やロゴのウエートは大きいんです。そこが映画だからと架空だったり、ひと文字違うとかだと興ざめしてしまいますよね。とりわけマシンのボディーに入るのはナショナルブランドでないと説得力に乏しい。見る人の興味をそぐようなことはしたくなかったんです」

 使用するマシンは、南アの国内選手権を2連覇したトヨタ・ヤリスを輸入。国内レースで何度も年間チャンピオンになったドライバーやWRC(世界ラリー選手権)参戦経験のあるメカニックから指導を仰いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

  9. 9

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  10. 10

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

もっと見る