中高年が支持 スピルバーグ「レディ・プレイヤー1」の魅力

公開日: 更新日:

 スティーブン・スピルバーグ、過去10年の監督作として最高となる全米オープニング成績を記録した「レディ・プレイヤー1」が日本でも評判だ。すでに全世界興収は約640億円に達するが、意外にも劇場では中高年層からの支持が強いという。

 行き過ぎた経済格差で街が荒廃しつつある近未来の米国を舞台に、仮想現実「オアシス」でのゲームに現実逃避する人々を描くSFアクション。その魅力について映画批評家の前田有一氏が解説する。

「オアシス内では誰もが自分の好きなキャラに変身し、好みのマシンでレースに参加できたりするのですが、80年代を中心とした超有名作品の懐かしメカやロボットが出てくるのでお父さんたちは大コーフンです。原作者は1972年生まれのファミコン世代で日本のサブカルにも詳しい。スピルバーグは映画にそれらを出すため数年がかりで著作権交渉をしたそうで、製作難度はこれまででトップクラスだったとボヤいているほどです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  4. 4

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  5. 5

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  6. 6

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  7. 7

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  8. 8

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  9. 9

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

  10. 10

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

もっと見る