中高年が支持 スピルバーグ「レディ・プレイヤー1」の魅力

公開日:

 スティーブン・スピルバーグ、過去10年の監督作として最高となる全米オープニング成績を記録した「レディ・プレイヤー1」が日本でも評判だ。すでに全世界興収は約640億円に達するが、意外にも劇場では中高年層からの支持が強いという。

 行き過ぎた経済格差で街が荒廃しつつある近未来の米国を舞台に、仮想現実「オアシス」でのゲームに現実逃避する人々を描くSFアクション。その魅力について映画批評家の前田有一氏が解説する。

「オアシス内では誰もが自分の好きなキャラに変身し、好みのマシンでレースに参加できたりするのですが、80年代を中心とした超有名作品の懐かしメカやロボットが出てくるのでお父さんたちは大コーフンです。原作者は1972年生まれのファミコン世代で日本のサブカルにも詳しい。スピルバーグは映画にそれらを出すため数年がかりで著作権交渉をしたそうで、製作難度はこれまででトップクラスだったとボヤいているほどです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る