不倫相手は家庭崩壊…テレビから姿を消す斉藤由貴の今後

公開日: 更新日:

 昨年8月、家族でかかりつけだった50代医師とのダブル不倫が報じられた斉藤由貴(51)。NHK大河ドラマ「西郷どん」だけでなく、2つのCMからも降板するなど、仕事面で大きなダメージを受けた。

「不倫報道だけでなく、相手男性が斉藤のものと思われるパンティーをかぶっている画像が写真誌に流出。すぐに謝罪会見をしたにもかかわらず、騒動が長引いてしまったのは痛かったですね」(芸能リポーター)

 長引く不倫イメージを払拭したいのか、5月16日に放送された「1周回って知らない話」(日本テレビ系)では、18歳になる長女とVTRながら初共演が実現。あえて家族の絆を前面に押し出す戦略のようだ。

「第1子を出産したあとも、彼女は家族の話などのプライベートは、あえて公にしてこなかった。彼女が信じる宗教の信徒同士の結婚だったことや、その宗教が芸能界的な派手なことを嫌う傾向があったことも影響していたのかもしれません。ただ、不倫のマイナスイメージから回復するためにも、なりふり構っていられないのでしょう」(スポーツ紙記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  8. 8

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  9. 9

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  10. 10

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

もっと見る