不倫相手は家庭崩壊…テレビから姿を消す斉藤由貴の今後

公開日:

 昨年8月、家族でかかりつけだった50代医師とのダブル不倫が報じられた斉藤由貴(51)。NHK大河ドラマ「西郷どん」だけでなく、2つのCMからも降板するなど、仕事面で大きなダメージを受けた。

「不倫報道だけでなく、相手男性が斉藤のものと思われるパンティーをかぶっている画像が写真誌に流出。すぐに謝罪会見をしたにもかかわらず、騒動が長引いてしまったのは痛かったですね」(芸能リポーター)

 長引く不倫イメージを払拭したいのか、5月16日に放送された「1周回って知らない話」(日本テレビ系)では、18歳になる長女とVTRながら初共演が実現。あえて家族の絆を前面に押し出す戦略のようだ。

「第1子を出産したあとも、彼女は家族の話などのプライベートは、あえて公にしてこなかった。彼女が信じる宗教の信徒同士の結婚だったことや、その宗教が芸能界的な派手なことを嫌う傾向があったことも影響していたのかもしれません。ただ、不倫のマイナスイメージから回復するためにも、なりふり構っていられないのでしょう」(スポーツ紙記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  9. 9

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  10. 10

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

もっと見る