不倫相手は家庭崩壊…テレビから姿を消す斉藤由貴の今後

公開日: 更新日:

 昨年8月、家族でかかりつけだった50代医師とのダブル不倫が報じられた斉藤由貴(51)。NHK大河ドラマ「西郷どん」だけでなく、2つのCMからも降板するなど、仕事面で大きなダメージを受けた。

「不倫報道だけでなく、相手男性が斉藤のものと思われるパンティーをかぶっている画像が写真誌に流出。すぐに謝罪会見をしたにもかかわらず、騒動が長引いてしまったのは痛かったですね」(芸能リポーター)

 長引く不倫イメージを払拭したいのか、5月16日に放送された「1周回って知らない話」(日本テレビ系)では、18歳になる長女とVTRながら初共演が実現。あえて家族の絆を前面に押し出す戦略のようだ。

「第1子を出産したあとも、彼女は家族の話などのプライベートは、あえて公にしてこなかった。彼女が信じる宗教の信徒同士の結婚だったことや、その宗教が芸能界的な派手なことを嫌う傾向があったことも影響していたのかもしれません。ただ、不倫のマイナスイメージから回復するためにも、なりふり構っていられないのでしょう」(スポーツ紙記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    FA市場の大物が売れ残る背景…“格下”より低い金額を拒否

  9. 9

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  10. 10

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

もっと見る