小泉今日子に共感? 不倫宣言する“地雷オンナ”の見分け方

公開日:

「カッコいい」と好意的に受け取る女性もいるという。俳優・豊原功補(52)との不倫宣言をぶちまけた女優・小泉今日子(52)のことだ。

 1996年、長谷川理恵との不倫をキャッチされた石田純一は「文化や芸術が不倫という恋愛から生まれることもある」と弁明したが、それもバレたがゆえの話のすり替え。公然と認めるのは異例だ。

 中高年のアイドルの言動からすれば大胆だが、自ら不倫や浮気を暴露する“地雷女”は少なからずいる。男女問題研究家の山崎世美子氏が言う。

「不倫する女性は関係が深くなるほど、相手に感情移入するようになります。不倫でも、恋愛感情が芽生えるのです。相手に感情移入せず不倫関係を続けられる男性との決定的な違いがそこで、女性が既婚者なら条件やタイミング次第で乗り換えたくなり、独身なら略奪婚も辞さなくなります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る