「35歳まで」と公言 綾瀬はるか“仕事一筋”で結婚いつに?

公開日:

 玉木宏と木南晴夏、石井裕也監督と相楽樹が相次いで結婚を発表したことで、芸能界が結婚報道に沸いている。スポーツ紙は、次に結婚しそうな大物を血眼になって探している。目下、ターゲットになっているのが、綾瀬はるか(33)。かつて「35歳までに結婚したい」と公言し、あと2年しか猶予がないためだ。

 しかし、綾瀬の思いとは裏腹に、この先のスケジュールをみると、結婚どころか恋愛もままならないのではないか。7月からは主演ドラマ「義母と娘のブルース」(TBS系)が始まり、来年のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」では、重要な役柄で出演する。

「少なくとも、大河が終わるまで、綾瀬が恋話で芸能マスコミを騒がせることはないと思います。仕事で忙しいこともありますが、純粋で一途な彼女の性格も理由のひとつ。恋愛と仕事をうまく両立できる器用なタイプではないのでしょう」(芸能ジャーナリストの佐々木博之氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る