妻KEIKOを実家に預け…小室哲哉“添い寝不倫”で失う信用

公開日: 更新日:

 18日発売の「週刊文春」で小室哲哉(59)の不倫が報じられた。相手は小室がニンニク注射で通院していたクリニックの看護師だった女性で、マスコミでは2014年ぐらいからすでに噂になっていた。

 小室は、30代の時にアイドルと離婚。その後、華原朋美との交際でワイドショーを賑わせ、01年に同じく自らがプロデュースするダンサーのAsami(42)とデキ婚したものの半年でスピード離婚。02年にKEIKO(45)と再々婚していた。

 08年の小室の逮捕も乗り越え、献身的に支え続けたKEIKOだが、11年にくも膜下出血で入院。以来、小室はKEIKOに寄り添う良き“介護夫”としてSNSでも発信していた。

 ところが最近は頻繁にKEIKOを大分の実家に預け、愛人宅、都内の高級ホテル、自宅で逢瀬を重ねていたという。同誌の取材に、小室は「自宅で一緒に寝てたと思います……自分が甘えてしまった」と関係を認めている。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

もっと見る