妻KEIKOを実家に預け…小室哲哉“添い寝不倫”で失う信用

公開日: 更新日:

 18日発売の「週刊文春」で小室哲哉(59)の不倫が報じられた。相手は小室がニンニク注射で通院していたクリニックの看護師だった女性で、マスコミでは2014年ぐらいからすでに噂になっていた。

 小室は、30代の時にアイドルと離婚。その後、華原朋美との交際でワイドショーを賑わせ、01年に同じく自らがプロデュースするダンサーのAsami(42)とデキ婚したものの半年でスピード離婚。02年にKEIKO(45)と再々婚していた。

 08年の小室の逮捕も乗り越え、献身的に支え続けたKEIKOだが、11年にくも膜下出血で入院。以来、小室はKEIKOに寄り添う良き“介護夫”としてSNSでも発信していた。

 ところが最近は頻繁にKEIKOを大分の実家に預け、愛人宅、都内の高級ホテル、自宅で逢瀬を重ねていたという。同誌の取材に、小室は「自宅で一緒に寝てたと思います……自分が甘えてしまった」と関係を認めている。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  6. 6

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る