二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

賛否両論の小室哲哉会見 “芸能メディア視線”で見えた疑問

公開日:

「病気」や「介護」は当人の口から明かされて初めて報じるのがメディアの基本的な姿勢。大半の芸能人は隠し、メディアも追及しない。公にするのは「仕事を長期休む」などの必要に迫られて発表することが多い。

 小室哲哉(59)は不倫釈明会見で妻・KEIKOさん(45)の現状と介護の実態を明かした異例なケースだった。くも膜下出血から6年。「女性から女の子になった」という脳への障害を克服する妻のリハビリ生活と、サポートする夫の疲弊した現実にメディアも言葉を失った。

 不倫疑惑も、女性と自宅やホテルで一緒に過ごした事実は認めたが、「男性機能は衰えている。精神的な支えになってくれた人」と男女の関係を改めて否定した。さらに、不倫騒動のケジメとして、「音楽活動からの引退」まで発表した。想定外の話に、不倫を報じた「文春砲」には「小室を潰した」など抗議が殺到しているという。賛否両論。さまざまな意見が飛び交い不倫報道の是非論まで出ているが、芸能メディアの視線でシンプルに会見を見直してみたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る