二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

賛否両論の小室哲哉会見 “芸能メディア視線”で見えた疑問

公開日: 更新日:

「病気」や「介護」は当人の口から明かされて初めて報じるのがメディアの基本的な姿勢。大半の芸能人は隠し、メディアも追及しない。公にするのは「仕事を長期休む」などの必要に迫られて発表することが多い。

 小室哲哉(59)は不倫釈明会見で妻・KEIKOさん(45)の現状と介護の実態を明かした異例なケースだった。くも膜下出血から6年。「女性から女の子になった」という脳への障害を克服する妻のリハビリ生活と、サポートする夫の疲弊した現実にメディアも言葉を失った。

 不倫疑惑も、女性と自宅やホテルで一緒に過ごした事実は認めたが、「男性機能は衰えている。精神的な支えになってくれた人」と男女の関係を改めて否定した。さらに、不倫騒動のケジメとして、「音楽活動からの引退」まで発表した。想定外の話に、不倫を報じた「文春砲」には「小室を潰した」など抗議が殺到しているという。賛否両論。さまざまな意見が飛び交い不倫報道の是非論まで出ているが、芸能メディアの視線でシンプルに会見を見直してみたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る