二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

賛否両論の小室哲哉会見 “芸能メディア視線”で見えた疑問

公開日: 更新日:

「病気」や「介護」は当人の口から明かされて初めて報じるのがメディアの基本的な姿勢。大半の芸能人は隠し、メディアも追及しない。公にするのは「仕事を長期休む」などの必要に迫られて発表することが多い。

 小室哲哉(59)は不倫釈明会見で妻・KEIKOさん(45)の現状と介護の実態を明かした異例なケースだった。くも膜下出血から6年。「女性から女の子になった」という脳への障害を克服する妻のリハビリ生活と、サポートする夫の疲弊した現実にメディアも言葉を失った。

 不倫疑惑も、女性と自宅やホテルで一緒に過ごした事実は認めたが、「男性機能は衰えている。精神的な支えになってくれた人」と男女の関係を改めて否定した。さらに、不倫騒動のケジメとして、「音楽活動からの引退」まで発表した。想定外の話に、不倫を報じた「文春砲」には「小室を潰した」など抗議が殺到しているという。賛否両論。さまざまな意見が飛び交い不倫報道の是非論まで出ているが、芸能メディアの視線でシンプルに会見を見直してみたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  9. 9

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  10. 10

    アヤパンの“MC力”でテレ朝「サタデーステーション」上昇気流に!視聴率で「報ステ」抜く

もっと見る