• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

賛否両論の小室哲哉会見 “芸能メディア視線”で見えた疑問

「病気」や「介護」は当人の口から明かされて初めて報じるのがメディアの基本的な姿勢。大半の芸能人は隠し、メディアも追及しない。公にするのは「仕事を長期休む」などの必要に迫られて発表することが多い。

 小室哲哉(59)は不倫釈明会見で妻・KEIKOさん(45)の現状と介護の実態を明かした異例なケースだった。くも膜下出血から6年。「女性から女の子になった」という脳への障害を克服する妻のリハビリ生活と、サポートする夫の疲弊した現実にメディアも言葉を失った。

 不倫疑惑も、女性と自宅やホテルで一緒に過ごした事実は認めたが、「男性機能は衰えている。精神的な支えになってくれた人」と男女の関係を改めて否定した。さらに、不倫騒動のケジメとして、「音楽活動からの引退」まで発表した。想定外の話に、不倫を報じた「文春砲」には「小室を潰した」など抗議が殺到しているという。賛否両論。さまざまな意見が飛び交い不倫報道の是非論まで出ているが、芸能メディアの視線でシンプルに会見を見直してみたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

もっと見る