元SMAP3人 国際パラ委特別親善大使で2020年まで続く“安泰”

公開日:

 元SMAPの稲垣吾郎(44)、草彅剛(44)、香取慎吾(41)が8日、パラスポーツ応援チャリティーソング「雨あがりのステップ」寄付贈呈式に出席した。日本財団パラリンピックサポートセンターのスペシャルサポーターを務める彼らは、「新しい地図」名義で同曲をネット配信。6月末までおよそ3カ月半の間にわたって行われたチャリティー販売による売上金2300万6214円(ダウンロード数9万9594)をドドーンと丸ごと寄付したのだ。

■2300万円全額寄付の太っ腹

 全額寄付するのは「世界的にみても珍しい」(日本財団パラリンピックサポートセンター山脇康会長)というからパラスポーツへの貢献度は高い。

「買っていただいた皆さんのおかげでパラスポーツ発展の寄付金が集まりました。西日本を中心とした記録的大雨によって被害に遭われた方々もいると思います。離れていても思いは一緒です」と、感謝の意と被災地への思いを語った香取は、ひげのせいもあってか紳士然とした“ビッグな男”に見えたのだった。

 しかもこの日は、国際パラリンピック委員会(IPC)のアンドリュー・パーソンズ会長から直々に、東京2020パラリンピック競技大会に向けての国際パラリンピック委員会特別親善大使のオファーも飛び出した。IPCの“お墨付き”をゲットした3人衆は、少なくとも2年後までチョー安泰だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る