• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元SMAP3人 国際パラ委特別親善大使で2020年まで続く“安泰”

 元SMAPの稲垣吾郎(44)、草彅剛(44)、香取慎吾(41)が8日、パラスポーツ応援チャリティーソング「雨あがりのステップ」寄付贈呈式に出席した。日本財団パラリンピックサポートセンターのスペシャルサポーターを務める彼らは、「新しい地図」名義で同曲をネット配信。6月末までおよそ3カ月半の間にわたって行われたチャリティー販売による売上金2300万6214円(ダウンロード数9万9594)をドドーンと丸ごと寄付したのだ。

■2300万円全額寄付の太っ腹

 全額寄付するのは「世界的にみても珍しい」(日本財団パラリンピックサポートセンター山脇康会長)というからパラスポーツへの貢献度は高い。

「買っていただいた皆さんのおかげでパラスポーツ発展の寄付金が集まりました。西日本を中心とした記録的大雨によって被害に遭われた方々もいると思います。離れていても思いは一緒です」と、感謝の意と被災地への思いを語った香取は、ひげのせいもあってか紳士然とした“ビッグな男”に見えたのだった。

 しかもこの日は、国際パラリンピック委員会(IPC)のアンドリュー・パーソンズ会長から直々に、東京2020パラリンピック競技大会に向けての国際パラリンピック委員会特別親善大使のオファーも飛び出した。IPCの“お墨付き”をゲットした3人衆は、少なくとも2年後までチョー安泰だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る