元SMAP3人 国際パラ委特別親善大使で2020年まで続く“安泰”

公開日:

 元SMAPの稲垣吾郎(44)、草彅剛(44)、香取慎吾(41)が8日、パラスポーツ応援チャリティーソング「雨あがりのステップ」寄付贈呈式に出席した。日本財団パラリンピックサポートセンターのスペシャルサポーターを務める彼らは、「新しい地図」名義で同曲をネット配信。6月末までおよそ3カ月半の間にわたって行われたチャリティー販売による売上金2300万6214円(ダウンロード数9万9594)をドドーンと丸ごと寄付したのだ。

■2300万円全額寄付の太っ腹

 全額寄付するのは「世界的にみても珍しい」(日本財団パラリンピックサポートセンター山脇康会長)というからパラスポーツへの貢献度は高い。

「買っていただいた皆さんのおかげでパラスポーツ発展の寄付金が集まりました。西日本を中心とした記録的大雨によって被害に遭われた方々もいると思います。離れていても思いは一緒です」と、感謝の意と被災地への思いを語った香取は、ひげのせいもあってか紳士然とした“ビッグな男”に見えたのだった。

 しかもこの日は、国際パラリンピック委員会(IPC)のアンドリュー・パーソンズ会長から直々に、東京2020パラリンピック競技大会に向けての国際パラリンピック委員会特別親善大使のオファーも飛び出した。IPCの“お墨付き”をゲットした3人衆は、少なくとも2年後までチョー安泰だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  2. 2

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  9. 9

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  10. 10

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

もっと見る