• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

レコード会社も“移籍” 山下智久2年ぶり音楽活動再開のウラ

 7月4日、9月から2年ぶりの全国ツアーと、4年ぶりのオリジナルアルバムリリースを発表した山下智久(33)。突然の音楽活動再開には、こんな事情があったという。

「16年に発表したベスト盤まではワーナーミュージックから出していましたが、今回はソニー・ミュージックからリリースします。ワーナーは元SMAPの3人の新曲を発表したレコード会社で、山下は3人と一緒に独立した元マネジャーとも関係が近い。“移籍”の裏にはそんなことを嫌ったジャニーズ事務所の意向もあったようですね」(スポーツ紙記者)

 ソニーでは、関ジャニ∞を担当しているプロデューサーが彼を受け持つという。そんな山Pに対し、社内ではある噂で持ち切りだとか。

「今年2月にウチは、所有していた乃木坂ビルをジャニーズ事務所へ売却しました。そのときの売却額は70億円前後といわれており、予想以上に高値で買い取ってもらったそうです。その見返りとして、山Pを押し付けられたともっぱらです。全盛期ならともかく、今はセールス的にも厳しい。プロモーション費などを考えたら、赤字覚悟です」(ソニー・ミュージック関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る