レコード会社も“移籍” 山下智久2年ぶり音楽活動再開のウラ

公開日:

 7月4日、9月から2年ぶりの全国ツアーと、4年ぶりのオリジナルアルバムリリースを発表した山下智久(33)。突然の音楽活動再開には、こんな事情があったという。

「16年に発表したベスト盤まではワーナーミュージックから出していましたが、今回はソニー・ミュージックからリリースします。ワーナーは元SMAPの3人の新曲を発表したレコード会社で、山下は3人と一緒に独立した元マネジャーとも関係が近い。“移籍”の裏にはそんなことを嫌ったジャニーズ事務所の意向もあったようですね」(スポーツ紙記者)

 ソニーでは、関ジャニ∞を担当しているプロデューサーが彼を受け持つという。そんな山Pに対し、社内ではある噂で持ち切りだとか。

「今年2月にウチは、所有していた乃木坂ビルをジャニーズ事務所へ売却しました。そのときの売却額は70億円前後といわれており、予想以上に高値で買い取ってもらったそうです。その見返りとして、山Pを押し付けられたともっぱらです。全盛期ならともかく、今はセールス的にも厳しい。プロモーション費などを考えたら、赤字覚悟です」(ソニー・ミュージック関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る