• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

レコード会社も“移籍” 山下智久2年ぶり音楽活動再開のウラ

 7月4日、9月から2年ぶりの全国ツアーと、4年ぶりのオリジナルアルバムリリースを発表した山下智久(33)。突然の音楽活動再開には、こんな事情があったという。

「16年に発表したベスト盤まではワーナーミュージックから出していましたが、今回はソニー・ミュージックからリリースします。ワーナーは元SMAPの3人の新曲を発表したレコード会社で、山下は3人と一緒に独立した元マネジャーとも関係が近い。“移籍”の裏にはそんなことを嫌ったジャニーズ事務所の意向もあったようですね」(スポーツ紙記者)

 ソニーでは、関ジャニ∞を担当しているプロデューサーが彼を受け持つという。そんな山Pに対し、社内ではある噂で持ち切りだとか。

「今年2月にウチは、所有していた乃木坂ビルをジャニーズ事務所へ売却しました。そのときの売却額は70億円前後といわれており、予想以上に高値で買い取ってもらったそうです。その見返りとして、山Pを押し付けられたともっぱらです。全盛期ならともかく、今はセールス的にも厳しい。プロモーション費などを考えたら、赤字覚悟です」(ソニー・ミュージック関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る