歌手・女優の坂本スミ子さん パルムドール表彰式の思い出

公開日:

 “ラテンの女王”として音楽界で人気を博する一方で、女優としては老婆役を演じた映画「楢山節考」(1983年)が第36回カンヌ国際映画祭でグランプリ(パルムドール)を受賞して話題になった坂本スミ子さん。今も思い出すお酒にまつわるエピソードを語ってくれた。

  ◇  ◇  ◇

 坂本スミ子とアイ・ジョージのコンビの公演で、日本全国を4度も回りました。365日のうち300日は地方回りでしたね。冬なんか、地方の小学校の体育館でコンサートをやると、暖房なんかなくて、風がピューピュー窓から入ってとっても寒い。それでコンサートが終わるとすぐプレーヤーと一緒に飲み屋に行って、コップで熱燗の地酒をカンカンカンと飲むんです。“打ち上げ”というような派手なのではなくて、カボチャとかジャガイモを煮たものを食べながら、質素にね。そこでは自由気ままに音楽の話をしていました。それが楽しかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る