歌手・女優の坂本スミ子さん パルムドール表彰式の思い出

公開日:

 “ラテンの女王”として音楽界で人気を博する一方で、女優としては老婆役を演じた映画「楢山節考」(1983年)が第36回カンヌ国際映画祭でグランプリ(パルムドール)を受賞して話題になった坂本スミ子さん。今も思い出すお酒にまつわるエピソードを語ってくれた。

  ◇  ◇  ◇

 坂本スミ子とアイ・ジョージのコンビの公演で、日本全国を4度も回りました。365日のうち300日は地方回りでしたね。冬なんか、地方の小学校の体育館でコンサートをやると、暖房なんかなくて、風がピューピュー窓から入ってとっても寒い。それでコンサートが終わるとすぐプレーヤーと一緒に飲み屋に行って、コップで熱燗の地酒をカンカンカンと飲むんです。“打ち上げ”というような派手なのではなくて、カボチャとかジャガイモを煮たものを食べながら、質素にね。そこでは自由気ままに音楽の話をしていました。それが楽しかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る