• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

酔っ払って電車で熟睡17時間 ゾマホンさん大晦日の思い出

 元駐日ベナン大使で今は親善大使を務めるタレントのゾマホンさん(53)。お酒は何でも飲めて大好きだが、日本酒には特別の思い出が……。

 ◇  ◇  ◇

 酒好きなら、誰もがいろんな思い出があると思うのね。私の場合は来日2年目、1996年12月31日の大晦日から元日までのことは一生忘れないね。

 この日、私は当時の身元保証人だった倉田さんのご自宅へ年末のご挨拶に行ったの。当時の留学生は半年ごとに保証人を代えて在留資格の更新をしなきゃならなかったから、私にとってはとても重要なイベントでした。

 八王子に住んでた倉田さんはとても気のいい方でね。奥さんとおいしい料理で迎えてくれて、その時、初めて日本酒をいただいたの。冷やで。すごくすごくおいしかった。子供が飲むような甘口の感じでスイスイ飲めちゃった。夕方にお邪魔して、グラスになみなみついでもらって4、5杯空けたのが20時すぎ。「ゾマホン、大丈夫か」ってさすがに倉田さんが心配してね。だけど、おいしくて止まらないの。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  10. 10

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

もっと見る