酔っ払って電車で熟睡17時間 ゾマホンさん大晦日の思い出

公開日:

 元駐日ベナン大使で今は親善大使を務めるタレントのゾマホンさん(53)。お酒は何でも飲めて大好きだが、日本酒には特別の思い出が……。

 ◇  ◇  ◇

 酒好きなら、誰もがいろんな思い出があると思うのね。私の場合は来日2年目、1996年12月31日の大晦日から元日までのことは一生忘れないね。

 この日、私は当時の身元保証人だった倉田さんのご自宅へ年末のご挨拶に行ったの。当時の留学生は半年ごとに保証人を代えて在留資格の更新をしなきゃならなかったから、私にとってはとても重要なイベントでした。

 八王子に住んでた倉田さんはとても気のいい方でね。奥さんとおいしい料理で迎えてくれて、その時、初めて日本酒をいただいたの。冷やで。すごくすごくおいしかった。子供が飲むような甘口の感じでスイスイ飲めちゃった。夕方にお邪魔して、グラスになみなみついでもらって4、5杯空けたのが20時すぎ。「ゾマホン、大丈夫か」ってさすがに倉田さんが心配してね。だけど、おいしくて止まらないの。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る