酔っ払って電車で熟睡17時間 ゾマホンさん大晦日の思い出

公開日: 更新日:

 元駐日ベナン大使で今は親善大使を務めるタレントのゾマホンさん(53)。お酒は何でも飲めて大好きだが、日本酒には特別の思い出が……。

 ◇  ◇  ◇

 酒好きなら、誰もがいろんな思い出があると思うのね。私の場合は来日2年目、1996年12月31日の大晦日から元日までのことは一生忘れないね。

 この日、私は当時の身元保証人だった倉田さんのご自宅へ年末のご挨拶に行ったの。当時の留学生は半年ごとに保証人を代えて在留資格の更新をしなきゃならなかったから、私にとってはとても重要なイベントでした。

 八王子に住んでた倉田さんはとても気のいい方でね。奥さんとおいしい料理で迎えてくれて、その時、初めて日本酒をいただいたの。冷やで。すごくすごくおいしかった。子供が飲むような甘口の感じでスイスイ飲めちゃった。夕方にお邪魔して、グラスになみなみついでもらって4、5杯空けたのが20時すぎ。「ゾマホン、大丈夫か」ってさすがに倉田さんが心配してね。だけど、おいしくて止まらないの。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  2. 2

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  3. 3

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る