理不尽を経たバイト生活 先行きの不透明さに対する保険

公開日: 更新日:

 先日、「アウト×デラックス」(フジテレビ系)に出演した際、俳優だけでは食っていけず、大手通販会社のオペレーターのバイトをしていることを明かした。連ドラ初レギュラーの「コンフィデンスマンJP」(フジ系)のギャラは入ってきたが、すぐさま生活が楽になるわけではない。

「自転車操業なのは相変わらずで、潤ってはいないですね(苦笑い)。今のバイト先がこれまで通り、契約更新してくれるかどうかも怪しい。急な撮影で予定通りにシフトをこなせず欠勤続きになると、勤怠に響きますからね。もちろん、自分の軸足が俳優業なのは間違いないんですが、正直、不安は尽きません」

 上り調子の現状とは裏腹に、ことさら慎重な発言にはワケがある。

「オペレーターのバイトは大学時代もやっていたんです。当時、サークルのたまり場にバイト募集の貼り紙があって、まあ、それを貼ったのは八嶋(智人)さんなんですが、結果、小劇場の俳優たちが一堂に会するコールセンターができた。それはもう、みんな弁が立つもんだから、あれよあれよという間に全国のコールセンターでトップクラスの成績を出すようになったんですが、弁が立つ分、本社の方々から煙たがられ、結局、事業縮小の際、いち早く閉鎖に追い込まれた。仕事で社会の理不尽を感じた最初の出来事です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る