役者歴は20年…人生初の連ドラレギュラーで放った存在感

公開日:

 最近、ドラマ好きの話題をさらった新顔のおっさん俳優といえば、このご仁。4月期の月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」(フジテレビ系)で、ひと癖もふた癖もある五十嵐役の濃厚な演技で見るものに強烈な印象を残した。得体の知れない「シンデレラおじさん」を徹底解剖する。

  ◇  ◇  ◇

「フッ、フッ……」

 五十嵐ロスを嘆く視聴者がいるという。その感想を尋ねると照れくさそうに含み笑い。長澤まさみ、東出昌大、小日向文世が演じる天才詐欺集団をフォローする第4のコンフィデンスマン(詐欺師)として存在感を放った。

 まずは役者歴20年で連ドラ初レギュラーとなった同作品について振り返ってもらおう。

「こう見えて小心者なんです。お話をいただいたときは、よっしゃ~というよりもサーッと血の気が引いた。僕、なぜか自信家で我が強い役が多いんですが、実際は動揺しまくってましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る