• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

役者歴は20年…人生初の連ドラレギュラーで放った存在感

 最近、ドラマ好きの話題をさらった新顔のおっさん俳優といえば、このご仁。4月期の月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」(フジテレビ系)で、ひと癖もふた癖もある五十嵐役の濃厚な演技で見るものに強烈な印象を残した。得体の知れない「シンデレラおじさん」を徹底解剖する。

  ◇  ◇  ◇

「フッ、フッ……」

 五十嵐ロスを嘆く視聴者がいるという。その感想を尋ねると照れくさそうに含み笑い。長澤まさみ、東出昌大、小日向文世が演じる天才詐欺集団をフォローする第4のコンフィデンスマン(詐欺師)として存在感を放った。

 まずは役者歴20年で連ドラ初レギュラーとなった同作品について振り返ってもらおう。

「こう見えて小心者なんです。お話をいただいたときは、よっしゃ~というよりもサーッと血の気が引いた。僕、なぜか自信家で我が強い役が多いんですが、実際は動揺しまくってましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  8. 8

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る