• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

台本なしの副音声「どこの馬の骨とも分からない男に…」

 月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」(フジテレビ系)では、副音声「五十嵐のスウィートルーム」で披露したMCも話題になった。主音声を食いまくった“やりたい放題”の舞台裏とは――。

「副音声用の台本はありませんでした。CMなどのタイムテーブルが記されたキューシートと呼ばれるカンペがあるだけで、ほぼフリートーク。純然たる放置プレーってやつです(笑い)。視聴率の伸び悩みに対する新たなテコ入れ策として副音声を入れる案が浮上。ナレーションを担当していた僕に白羽の矢が立ったんです」

 次回予告のナレーションを任されることは、第1話の放送ギリギリに決まったという。

「制作側としては次回予告や番宣CMを面白くしたいというもくろみがそもそもあったようで、いっそのこと謎の男・五十嵐にすべてを担わせてしまってはどうかという話になり、急きょナレーションも務めることになったんです。でも、いくら世界観重視のためとはいえ、どこの馬の骨ともよく分からない男にやらせてみようという、ある種の大勝負に出た制作陣の期待には何としても応えたいでしょ? 僕にベットしてくれるのなら大穴かもしれないけれど、結果出します! ってやる気の塊で挑みましたよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    池谷幸雄氏が激白 塚原夫妻“権力の実態”と体操協会の暗部

  10. 10

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

もっと見る