台本なしの副音声「どこの馬の骨とも分からない男に…」

公開日:

 月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」(フジテレビ系)では、副音声「五十嵐のスウィートルーム」で披露したMCも話題になった。主音声を食いまくった“やりたい放題”の舞台裏とは――。

「副音声用の台本はありませんでした。CMなどのタイムテーブルが記されたキューシートと呼ばれるカンペがあるだけで、ほぼフリートーク。純然たる放置プレーってやつです(笑い)。視聴率の伸び悩みに対する新たなテコ入れ策として副音声を入れる案が浮上。ナレーションを担当していた僕に白羽の矢が立ったんです」

 次回予告のナレーションを任されることは、第1話の放送ギリギリに決まったという。

「制作側としては次回予告や番宣CMを面白くしたいというもくろみがそもそもあったようで、いっそのこと謎の男・五十嵐にすべてを担わせてしまってはどうかという話になり、急きょナレーションも務めることになったんです。でも、いくら世界観重視のためとはいえ、どこの馬の骨ともよく分からない男にやらせてみようという、ある種の大勝負に出た制作陣の期待には何としても応えたいでしょ? 僕にベットしてくれるのなら大穴かもしれないけれど、結果出します! ってやる気の塊で挑みましたよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  6. 6

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  9. 9

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  10. 10

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

もっと見る