• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「メジャーという感覚に慣れないのは大学時代に培われた」

 早稲田大学演劇倶楽部(通称エンクラ)の先輩で劇団「カムカムミニキーナ」の旗揚げメンバーのひとり、八嶋智人(47)らとの出会いは、俳優の礎を築くにあたって大きな影響を与えた。

「八嶋さんは、2浪して大学に入った僕と年齢は3歳差ですが、大学では5期上の先輩でいろいろと面倒を見てもらいました。高校生時代にカムカムの舞台に足しげく通ってアンケートシートを書きまくっていたとき、八嶋さんはアンケート管理も担当していたんです。それで小手という名字も珍しかったんで覚えていてくれたんですね。アンケート用紙にびっしりと感想を書いてた“例のアイツ”が入ってきたと(笑い)。でもやはり、好き過ぎてというか、結局入団は遠慮してしまいました。もしカムカムに入ってたら違う未来があったのかな」

 映画「夢売るふたり」やNHK朝ドラ「あまちゃん」の自意識過剰な観光協会職員役で注目された個性派女優・安藤玉恵(顔写真)はエンクラの後輩だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  7. 7

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  8. 8

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  9. 9

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  10. 10

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

もっと見る