村尾キャスターはクビ…有働アナ「ZERO」電撃発表の舞台裏

公開日: 更新日:

「しかるべきタイミングで大々的に公表する予定でしたが、週刊誌が嗅ぎ付けたので、急きょ発表することになったんです」(日本テレビ関係者)

 3月末にNHKを退局した有働由美子アナウンサー(49)が、10月から日テレ系「NEWS ZERO」(月~木曜23時~、金曜23時半~)のメインキャスターに起用されることが突然発表された。日テレが秋の大型改編の目玉として仕込んでいたのは想像に難くないが、4カ月も先の話を解禁したのはそうせざるを得なくなった事情があったというわけだ。

 今月2日放送の同局の開局65周年記念番組では、パリのルーブル美術館を借り切る初民放ロケに繰り出した有働アナ。NHKを退局後は、4年連続視聴率3冠王の日テレと“がっぷり四つ”に組んでやっていくということのようだ。

 そんな前途の明るい有働アナとは入れ違いで、現在メインを務めている村尾信尚キャスター(62)の9月末での降板も発表された。卒業などとオブラートに包んで報じる媒体もあったが、「要するに“クビ”。局内では遅すぎたという声がちらほら聞こえています」(前出の日テレ関係者)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  9. 8

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  10. 9

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る