視聴率15%の快挙 TV界を席巻する「一茂」ブームの背景

公開日:  更新日:

 長嶋一茂(52)がテレビ界で旋風を巻き起こしている。

 情報番組からバラエティーまで出ずっぱり。25日に出演した「ザワつく!一茂良純ちさ子の会」(テレビ朝日系)の平均視聴率は15.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)を叩き出す快挙。最高視聴率は一茂が富士山登山について語っていたシーンで16.6%を記録したというのだ。

 一茂はこの番組の直前に放送していた「あいつ今何してる?」(同)にも出演しており、こちらは12.3%を記録。新視聴率男といって申し分ないリッパな数字である。

 もはや若者世代は一茂がミスター長嶋の子息であることすら認識していないのだろうが、なぜ番組では“言いたい放題”極まりなく、ときに傍若無人にも見える一茂がテレビで大人気なのか。「まず、ゆとりでしょうね」と芸能リポーターの城下尊之氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る