視聴率15%の快挙 TV界を席巻する「一茂」ブームの背景

公開日: 更新日:

 長嶋一茂(52)がテレビ界で旋風を巻き起こしている。

 情報番組からバラエティーまで出ずっぱり。25日に出演した「ザワつく!一茂良純ちさ子の会」(テレビ朝日系)の平均視聴率は15.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)を叩き出す快挙。最高視聴率は一茂が富士山登山について語っていたシーンで16.6%を記録したというのだ。

 一茂はこの番組の直前に放送していた「あいつ今何してる?」(同)にも出演しており、こちらは12.3%を記録。新視聴率男といって申し分ないリッパな数字である。

 もはや若者世代は一茂がミスター長嶋の子息であることすら認識していないのだろうが、なぜ番組では“言いたい放題”極まりなく、ときに傍若無人にも見える一茂がテレビで大人気なのか。「まず、ゆとりでしょうね」と芸能リポーターの城下尊之氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  5. 5

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  6. 6

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  7. 7

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  10. 10

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

もっと見る