稲垣吾郎主演舞台 ヒロイン役の剛力彩芽が問われる演技力

公開日:

 女優の剛力彩芽(25)は、時価総額1兆円企業のスタートトゥデイ前澤友作社長(42)との恋愛に全身全霊でハッスルしている。そんな2人のオープン過ぎる交際へのバッシングについて「貧乏がひがんでるだけ」と切り捨てたのは、元SMAPの中居正広(45)。15日放送の「ナカイの窓」(日本テレビ系)での発言で、「プライベート飛行機に乗れないヤツらが言ってるんでしょ?俺だってプライベート飛行機なんて乗らないけど、なんとも思わない。なんでダメなの?」と不思議がってもいた。

 さすが、総資産がウン百億円ともいわれる芸能界屈指のお金持ちは他人への興味が薄いうえに器がデカい。だが、コトはなかなか深刻で「恋愛にのめり込み過ぎて女優業に支障を来さなければいいが……」(某芸能プロダクション幹部)と、心配する声が上がっている。もっかバラエティーに出るぐらいで演技は休業中の剛力だが、秋には大仕事が控えている。稲垣吾郎(44)主演の舞台「No.9―不滅の旋律―」でヒロインを務めるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る