稲垣吾郎主演舞台 ヒロイン役の剛力彩芽が問われる演技力

公開日:

 女優の剛力彩芽(25)は、時価総額1兆円企業のスタートトゥデイ前澤友作社長(42)との恋愛に全身全霊でハッスルしている。そんな2人のオープン過ぎる交際へのバッシングについて「貧乏がひがんでるだけ」と切り捨てたのは、元SMAPの中居正広(45)。15日放送の「ナカイの窓」(日本テレビ系)での発言で、「プライベート飛行機に乗れないヤツらが言ってるんでしょ?俺だってプライベート飛行機なんて乗らないけど、なんとも思わない。なんでダメなの?」と不思議がってもいた。

 さすが、総資産がウン百億円ともいわれる芸能界屈指のお金持ちは他人への興味が薄いうえに器がデカい。だが、コトはなかなか深刻で「恋愛にのめり込み過ぎて女優業に支障を来さなければいいが……」(某芸能プロダクション幹部)と、心配する声が上がっている。もっかバラエティーに出るぐらいで演技は休業中の剛力だが、秋には大仕事が控えている。稲垣吾郎(44)主演の舞台「No.9―不滅の旋律―」でヒロインを務めるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る