井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

連日のワイドショーにウンザリしながら思い出した81年残暑

公開日: 更新日:

 寝ても覚めても絶賛、映画撮影中だ。いつの間に涼しくなったかも知らないが、しかし、世の中、くだらないことだらけだな。テレビなど台風予報以外、見る気もしない。それでも聞こえてくるのが、日本体操協会のアホなパワハラ騒ぎだ。あの女子選手にコーチが練習中に叩いただ髪を引っぱったで、協会に君臨するドン夫婦がコーチを辞めさせたら、今度は選手の方が叩かれていいから一緒にやりたいと。何じゃそらだ。“さあここで一番の悪人は誰ですか”みたいな暇な話。体操はおろか、どんなスポーツにも縁のないオレは、どんなスポーツも五輪に出てメダル取るのが目標なら、練習でひっぱたかれようが蹴られようが、そんなヤキ入れなど日本の体育界でなら、どこでも序の口だろと思っていたが。

 ワイドショーが流行病のような「パワハラ暴き」の御旗に、暴力はいけない、業界のドン君臨も許せないと正論だけ振りまいて、視聴者の暇つぶしに仕えているのかと思うだけで、ウンザリしてくる。どんな悪人捜しをしたところで、どんなに糾弾したところで、「はい、では明日からパワハラ禁止、体質改善よろしく」など、日本のスポーツ界じゃあり得ないと思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  7. 7

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  8. 8

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る