井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

連日のワイドショーにウンザリしながら思い出した81年残暑

公開日:

 寝ても覚めても絶賛、映画撮影中だ。いつの間に涼しくなったかも知らないが、しかし、世の中、くだらないことだらけだな。テレビなど台風予報以外、見る気もしない。それでも聞こえてくるのが、日本体操協会のアホなパワハラ騒ぎだ。あの女子選手にコーチが練習中に叩いただ髪を引っぱったで、協会に君臨するドン夫婦がコーチを辞めさせたら、今度は選手の方が叩かれていいから一緒にやりたいと。何じゃそらだ。“さあここで一番の悪人は誰ですか”みたいな暇な話。体操はおろか、どんなスポーツにも縁のないオレは、どんなスポーツも五輪に出てメダル取るのが目標なら、練習でひっぱたかれようが蹴られようが、そんなヤキ入れなど日本の体育界でなら、どこでも序の口だろと思っていたが。

 ワイドショーが流行病のような「パワハラ暴き」の御旗に、暴力はいけない、業界のドン君臨も許せないと正論だけ振りまいて、視聴者の暇つぶしに仕えているのかと思うだけで、ウンザリしてくる。どんな悪人捜しをしたところで、どんなに糾弾したところで、「はい、では明日からパワハラ禁止、体質改善よろしく」など、日本のスポーツ界じゃあり得ないと思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る