井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

連日のワイドショーにウンザリしながら思い出した81年残暑

公開日:

 ここしばらく、既存のワイドショーから離れて、本来の極道(修業中の極めごと)である映画という奈落の生業に専念してると、こっちも自分の暮らし方、生き方をもう一度(今まで何度思ってきたことか)見つめ直そうかという気になってくる。振り返れば、オレの映画現場なんて、役者を追い込み、嫌がらせ、悩ませ、落胆させ、真っ白にする、そんなパワハラも普通にやってきた。

 なんて人間はみみっちいことに捉われてばかりで頭が悪いんだろ。そんな日常から脱しようと、映画にのめり込んだ1981年の残暑を思い出す。初の一般映画「ガキ帝国」でちょっと名が売れていい気になってたら、義理欠く恥欠く人情欠くの三角マークの東映から「今度は在日のヤツは出てこない、ケンカ三昧の不良どもの続編を撮ってみろ。題名だけ同じなら中身は何でもいいから」といい加減なことを、東大出の営業本部長に言われたので、仰せの通り、よっし、それなら時代遅れの暴走族も出してやってやれと決めて、相棒に2週間で脚本を書かせ、ひと夏で撮り上げたのが「ガキ帝国・悪たれ戦争」だった。今年の灼熱と比べようはないが、炎天下で雄たけびを上げて撮り、仕上げ時に絵をカットしろしないで東映とモメて、打ち上げでヤケ飲みして、気がついたら夜明けの四谷署のブタ箱にいた。悪名無頼監督の事件は全国ニュースで流れたらしいが、作品は9月に封切られたし、今よりいい時代だった。

 その後、事情があって再上映もビデオ化もならずで37年経ったが、この年末、ひょっとしたら上映されるかも知れないと聞いた。わが恥の上塗りながら、なんかワクワクしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  5. 5

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  6. 6

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  9. 9

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る