• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

クソまみれシーンのために年代物のバキュームカーを探す

 まだまだクソ暑さが続く日本。昆虫採集しようにも、昆虫の数まで減ったとはビックリだ。でも、今、我らはこの灼熱地獄の中、関西の某所で映画ロケ中だ。暑さしのぎにもならないが、ちょっと現場の楽しい話を。

 80年代の半ば、小生、「金魂巻」というベストセラー原作で、見かけだけの金持ちと心の貧乏人が代わりばんこに現れる、つまり“心根の卑しい”“意地汚い”“みすぼらしい”やつばかりのけったいなコメディーを撮ったことがある。今や、世界中に広がってしまった「格差社会」の予告編のような珍作だった。貧乏な家に育ったがホカ弁の店長となった主人公の青年(九十九一)が女から、「あんたと何千回、セックスしようと、私はバイト店員と結婚します。愛は回数じゃないから」と厳しいことを言われる。その腹いせにソープランドに行って、おネエさんと一緒に風呂につかり、屁を放って手拭いでそのあぶくをためて遊んでいたら、急に腹がさし込んできて大便まで噴き上がらせてしまい、湯もおネエさんも本人もクソまみれになって店に訴えられる。この恨み晴らさずにいられるかと、今度は糞尿満タンのバキュームカーで乗り込み、ホースでおネエさんのソープ部屋にクソをまき散らす、浅ましい限りの場面があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る