井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

クソまみれシーンのために年代物のバキュームカーを探す

公開日:

 まだまだクソ暑さが続く日本。昆虫採集しようにも、昆虫の数まで減ったとはビックリだ。でも、今、我らはこの灼熱地獄の中、関西の某所で映画ロケ中だ。暑さしのぎにもならないが、ちょっと現場の楽しい話を。

 80年代の半ば、小生、「金魂巻」というベストセラー原作で、見かけだけの金持ちと心の貧乏人が代わりばんこに現れる、つまり“心根の卑しい”“意地汚い”“みすぼらしい”やつばかりのけったいなコメディーを撮ったことがある。今や、世界中に広がってしまった「格差社会」の予告編のような珍作だった。貧乏な家に育ったがホカ弁の店長となった主人公の青年(九十九一)が女から、「あんたと何千回、セックスしようと、私はバイト店員と結婚します。愛は回数じゃないから」と厳しいことを言われる。その腹いせにソープランドに行って、おネエさんと一緒に風呂につかり、屁を放って手拭いでそのあぶくをためて遊んでいたら、急に腹がさし込んできて大便まで噴き上がらせてしまい、湯もおネエさんも本人もクソまみれになって店に訴えられる。この恨み晴らさずにいられるかと、今度は糞尿満タンのバキュームカーで乗り込み、ホースでおネエさんのソープ部屋にクソをまき散らす、浅ましい限りの場面があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る