大坂なおみフィーバーのいま必見「ボルグ/マッケンロー」

公開日: 更新日:

「冷徹なマシンなどと言われていたボルグですが、じつは王座を奪われる恐怖に悩まされていたそうです。験担ぎの“ルーティン”も、車のシートの素材にケチをつけるなど病的なまでにエスカレート、劇中ではほとんど神経症のようになっていく様子が描かれておりショッキングです。一方のマッケンローも、親友らに去られ独りぼっちで戦っていた。世界を敵に回すかのような悪童ぶりの裏にはさまざまな苦しみもあったというわけです。あまりに孤独すぎた彼らの実情を、ドキュメンタリー出身のヤヌス・メッツ監督が、胃が痛むような心情描写を重ねて見せてきます」(映画批評家の前田有一氏)

■自分一人での戦い

 テニスはひとたび試合が始まれば、コーチも観客席に追いやられ、選手に助言を与えることさえ禁止されるスポーツだ。今年の全米オープンでも、熱中症対策の休憩中にコーチと話をしていた選手に、対戦相手がクレームをつけたり、大坂に敗れたセリーナも審判からコーチの身ぶりが「コーチング」違反と警告されたことから試合を壊してしまった。選手はどんなピンチに陥っても自分一人ではね返さなくてはならないのが鉄則なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    客寄せからガス抜きに出世 “ウォシュレット小泉”はどう?

もっと見る