大坂なおみフィーバーのいま必見「ボルグ/マッケンロー」

公開日:

「冷徹なマシンなどと言われていたボルグですが、じつは王座を奪われる恐怖に悩まされていたそうです。験担ぎの“ルーティン”も、車のシートの素材にケチをつけるなど病的なまでにエスカレート、劇中ではほとんど神経症のようになっていく様子が描かれておりショッキングです。一方のマッケンローも、親友らに去られ独りぼっちで戦っていた。世界を敵に回すかのような悪童ぶりの裏にはさまざまな苦しみもあったというわけです。あまりに孤独すぎた彼らの実情を、ドキュメンタリー出身のヤヌス・メッツ監督が、胃が痛むような心情描写を重ねて見せてきます」(映画批評家の前田有一氏)

■自分一人での戦い

 テニスはひとたび試合が始まれば、コーチも観客席に追いやられ、選手に助言を与えることさえ禁止されるスポーツだ。今年の全米オープンでも、熱中症対策の休憩中にコーチと話をしていた選手に、対戦相手がクレームをつけたり、大坂に敗れたセリーナも審判からコーチの身ぶりが「コーチング」違反と警告されたことから試合を壊してしまった。選手はどんなピンチに陥っても自分一人ではね返さなくてはならないのが鉄則なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  6. 6

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  7. 7

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  8. 8

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る