大坂なおみフィーバーのいま必見「ボルグ/マッケンロー」

公開日:

 テニス界最大の大会である全米オープンの女子シングルスは大坂なおみ(20)が“女王”セリーナ・ウィリアムズ(36)を破り初優勝を飾った。4大大会(グランドスラム)シングルス制覇は日本テニス史上初の快挙。試合はセリーナが審判への抗議や暴言だけでなくラケットを破壊するなど大荒れ。冷静にゲームを運んだ大坂とのメンタルの差が勝敗を分けたが、テニスはまさにメンタルスポーツであることを突きつける映画が公開中だ。80年代のテニスシーンを描いた映画「ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男」。華やかな大会の表舞台からは想像できないトップ選手の内面をえぐる衝撃的な内容が話題となっている。

 往年のテニスファンにとっては語り草というべき「テニス史上最高の名勝負」こと1980年のウィンブルドン決勝戦。5連覇を狙う王者ビヨン・ボルグと、若く破天荒なジョン・マッケンローの2人は、「氷と炎」といわれるほど対照的なキャラクターだった。当時のマスコミも面白おかしく書き立てていたが、実は2人が似た者同士だったと映画は指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

もっと見る