話が違うじゃない!有働アナが日テレにハシゴ外され大激怒

公開日:

「まさか、こんな波乱のスタートになるとは思いませんでした」

 そう頭を抱えるのは、元NHKの有働由美子アナウンサー(49)を迎え、10月からリニューアルされる日本テレビ系の報道番組「news zero」の関係者だ。サブキャスターとしてコンビを組むはずだった報道局の青山和弘氏(50)が今月1日付で突然、経営戦略局グループ推進部へ異動となったのだ。

「週刊誌などは、青山氏のセクハラ疑惑が理由で左遷させられたと報じました。彼は日テレ報道部の顔で、安倍首相と非常に近いことから“お友達”と他社から陰口を叩かれるほど、政権に食い込んでいた。番組としてはスクープを連発していたエースと有働アナがコンビを組むことで、人気を集めるはずだったのでしょう」(スポーツ紙記者)

 局側はセクハラ疑惑を否定。あくまで前任者の異動に伴う配置換えと言っているのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る