• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

 今期のドラマも終盤だが、ここにきて「義母と娘のブルース」(TBS系)が勢いづいている。

 初回平均視聴率11.5%から徐々に上昇、9月4日放送の第8話では15.5%とシリーズ最高記録を更新した。気がつけば今期連ドラのダンゼンのトップだ。

 物語は綾瀬はるか演じるキャリアウーマンが娘を持つ男性(竹野内豊)と再婚、慣れない家事や育児をキャリアウーマン時代に培った知恵と技を武器に奮闘する10年間を描いたもの。脚本はストーリーテラーの森下佳子。

「原作は4コマ漫画ですが、笑いあり涙ありで毎回、感動させられ、心温まるいいドラマに仕上がっています。綾瀬はもちろん竹野内のゆる~い感じも、娘・みゆき役の子(横溝菜帆)もかわいかったので、彼らが退場してしまう第2章はどうなることかと心配していましたが、その穴を佐藤健が埋めてくれました。綾瀬が勤めるパン屋のヤンキー店長を演じているのですが、このキャラがいい。最後、2人がどうなるのか気になるし、目が離せません」(ドラマウオッチャー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る