正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

公開日:

 今期のドラマも終盤だが、ここにきて「義母と娘のブルース」(TBS系)が勢いづいている。

 初回平均視聴率11.5%から徐々に上昇、9月4日放送の第8話では15.5%とシリーズ最高記録を更新した。気がつけば今期連ドラのダンゼンのトップだ。

 物語は綾瀬はるか演じるキャリアウーマンが娘を持つ男性(竹野内豊)と再婚、慣れない家事や育児をキャリアウーマン時代に培った知恵と技を武器に奮闘する10年間を描いたもの。脚本はストーリーテラーの森下佳子。

「原作は4コマ漫画ですが、笑いあり涙ありで毎回、感動させられ、心温まるいいドラマに仕上がっています。綾瀬はもちろん竹野内のゆる~い感じも、娘・みゆき役の子(横溝菜帆)もかわいかったので、彼らが退場してしまう第2章はどうなることかと心配していましたが、その穴を佐藤健が埋めてくれました。綾瀬が勤めるパン屋のヤンキー店長を演じているのですが、このキャラがいい。最後、2人がどうなるのか気になるし、目が離せません」(ドラマウオッチャー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る