正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

公開日: 更新日:

 今期のドラマも終盤だが、ここにきて「義母と娘のブルース」(TBS系)が勢いづいている。

 初回平均視聴率11.5%から徐々に上昇、9月4日放送の第8話では15.5%とシリーズ最高記録を更新した。気がつけば今期連ドラのダンゼンのトップだ。

 物語は綾瀬はるか演じるキャリアウーマンが娘を持つ男性(竹野内豊)と再婚、慣れない家事や育児をキャリアウーマン時代に培った知恵と技を武器に奮闘する10年間を描いたもの。脚本はストーリーテラーの森下佳子。

「原作は4コマ漫画ですが、笑いあり涙ありで毎回、感動させられ、心温まるいいドラマに仕上がっています。綾瀬はもちろん竹野内のゆる~い感じも、娘・みゆき役の子(横溝菜帆)もかわいかったので、彼らが退場してしまう第2章はどうなることかと心配していましたが、その穴を佐藤健が埋めてくれました。綾瀬が勤めるパン屋のヤンキー店長を演じているのですが、このキャラがいい。最後、2人がどうなるのか気になるし、目が離せません」(ドラマウオッチャー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  8. 7

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  9. 8

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  10. 9

    阪神早くも後任監督探しか…福留孝介氏と赤星憲広氏が浮上

  11. 10

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

もっと見る