「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

公開日: 更新日:

「歌手安室奈美恵は全て完結。私がステージに戻ることはないです」――。

 今月16日の引退を前に、安室はNHKのインタビューでそう語り、活動再開の可能性を否定した。とはいえ9月20日の誕生日で41歳という若さである。引退後について「思い付かないですね。これから趣味探しです」と笑ったが、どうするのだろうか。

 何をするにしても、金に困るということはないだろう。デビュー25周年を迎えた昨年9月に引退を発表してからの1年だけを見ても、その稼ぎっぷりは凄まじい。ベストアルバム「Finally」はダブルミリオンを超えて売れ続け、ラストツアーではソロのアーティストの史上最多となる80万人を動員し、ツアーの模様を収めたDVDも約130万枚を売り上げているのだ。

「安室さんは2015年にライジングプロから独立し個人事務所ですから、だいたい売り上げの3割が自分のところに入ってきます。ざっと見ても、ツアーのチケットの売り上げだけで70億円、DVDで70億円、アルバムでも同額くらいは間違いないし、ツアー会場や展示会で売られるグッズの売り上げもある。このグッズというのが儲けが大きいんです。アイドルのコンサート会場ではウチワが約1800円とか、とんでもなく高額に見えても、ファンは買っていく。彼女の場合、ライジングに所属していた頃から売り上げの半分をもらっていたそうですけど、今は全部自分の事務所ですから、丸儲け。グッズだけで20億~30億円はいくでしょう。引退ビジネスでの稼ぎでいうと、200億円を超えていてもおかしくないと思いますよ」と、ある芸能関係者は言っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る