「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

公開日:  更新日:

「歌手安室奈美恵は全て完結。私がステージに戻ることはないです」――。

 今月16日の引退を前に、安室はNHKのインタビューでそう語り、活動再開の可能性を否定した。とはいえ9月20日の誕生日で41歳という若さである。引退後について「思い付かないですね。これから趣味探しです」と笑ったが、どうするのだろうか。

 何をするにしても、金に困るということはないだろう。デビュー25周年を迎えた昨年9月に引退を発表してからの1年だけを見ても、その稼ぎっぷりは凄まじい。ベストアルバム「Finally」はダブルミリオンを超えて売れ続け、ラストツアーではソロのアーティストの史上最多となる80万人を動員し、ツアーの模様を収めたDVDも約130万枚を売り上げているのだ。

「安室さんは2015年にライジングプロから独立し個人事務所ですから、だいたい売り上げの3割が自分のところに入ってきます。ざっと見ても、ツアーのチケットの売り上げだけで70億円、DVDで70億円、アルバムでも同額くらいは間違いないし、ツアー会場や展示会で売られるグッズの売り上げもある。このグッズというのが儲けが大きいんです。アイドルのコンサート会場ではウチワが約1800円とか、とんでもなく高額に見えても、ファンは買っていく。彼女の場合、ライジングに所属していた頃から売り上げの半分をもらっていたそうですけど、今は全部自分の事務所ですから、丸儲け。グッズだけで20億~30億円はいくでしょう。引退ビジネスでの稼ぎでいうと、200億円を超えていてもおかしくないと思いますよ」と、ある芸能関係者は言っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る