東京シティ・バレエ団が提案 「ジゼル」を落語にしたワケ

公開日: 更新日:

 花緑はシェークスピア作品を落語化した後、バレエ「ジゼル」を落語にした。

「『おさよ』という題にしたんです。江戸物なんですが、今風のギャグが飛び交うナンセンス落語で、おしまいのほうは、ちょっとホロッとするテイストになり、収まり良くオチまでたどり着きました。それはもともと『ジゼル』がいい人情噺だからなんです。上演後、しばらくたって、東京シティ・バレエ団から、『うちのバレエ団のジゼルと花緑さんのおさよを一緒にやりませんか』というムチャな申し出があったんです」

 バレエと落語のコラボレーションは「世界初」ということで、挑戦してみる気になった。

「その話をバレエダンサーの兄(小林十市)にしたら爆笑してました。落語とバレエのコラボなんて考えられなかったんでしょうね。でも実際にやってみたらうまくいきました。まず僕が出て、高座で物語のあらすじを語るんです。バレエファンは基本的に踊りを見に来てますから、意外とジゼルのストーリーを知らないので、僕の語りによってそれがわかる。落語ファンは初めて見るバレエの格調の高さに驚きつつ踊りの素晴らしさに魅了される。相乗効果が生まれたわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  3. 3

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  4. 4

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  5. 5

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

  6. 6

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  7. 7

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  8. 8

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  9. 9

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  10. 10

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る