毒が入りました。それも談春、志らくという強烈な個性の毒

公開日: 更新日:

 花緑の前座時代、後輩は全員が年上だった。それも大学出のひねた三遊亭白鳥とか、板前修業をしてたことがあるこわもての橘家文蔵とか、一筋縄ではいかない連中が15歳の九太郎を「兄さん」と呼ぶのだ。

「我々の業界では後輩と飲食店に入ったら先輩がおごることになってます。僕がお勘定を払うと10歳くらい年上の後輩たちが揃って『ごちそうさまです』って頭を下げる。子供にごちそうになってるんですから、皆さんもやりづらかったと思いますよ」

 そんな前座時代を2年半過ごし、1989年9月に二つ目に昇進して柳家小緑と改名する。昇進後、しばらくは小さんの持ちネタを忠実に演じていた。変化があったのは、他の団体の若手と交流するようになってからだ。

「二つ目の途中で立川流という毒が入りました。それも談春、志らくという強烈な個性の毒が」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  2. 2

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  5. 5

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  6. 6

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  9. 9

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  10. 10

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<2>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る