毒が入りました。それも談春、志らくという強烈な個性の毒

公開日: 更新日:

 花緑の前座時代、後輩は全員が年上だった。それも大学出のひねた三遊亭白鳥とか、板前修業をしてたことがあるこわもての橘家文蔵とか、一筋縄ではいかない連中が15歳の九太郎を「兄さん」と呼ぶのだ。

「我々の業界では後輩と飲食店に入ったら先輩がおごることになってます。僕がお勘定を払うと10歳くらい年上の後輩たちが揃って『ごちそうさまです』って頭を下げる。子供にごちそうになってるんですから、皆さんもやりづらかったと思いますよ」

 そんな前座時代を2年半過ごし、1989年9月に二つ目に昇進して柳家小緑と改名する。昇進後、しばらくは小さんの持ちネタを忠実に演じていた。変化があったのは、他の団体の若手と交流するようになってからだ。

「二つ目の途中で立川流という毒が入りました。それも談春、志らくという強烈な個性の毒が」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  4. 4

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  5. 5

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  8. 8

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  9. 9

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

  10. 10

    原巨人の来季構想 吉川尚の覚醒で坂本「三塁コンバート」

もっと見る