戦後最年少で真打ち昇進 志ん朝以来スピード出世だったが

公開日: 更新日:

 二つ目の小緑は立川流の談春、志らくと親しくなったことで、落語協会内で批判にさらされたことがあったが、味方も多かった。春風亭小朝、桂三木助(先代)、林家こぶ平(現正蔵)らの人気者である。

 彼らと共にマスコミで注目されるようになり、1994年3月、真打ちに昇進する。22歳での昇進は戦後最年少、入門7年は志ん朝以来のスピード出世であった。

「僕は小さんの七光で昇進したと思ってました。周囲もそう思ってたはずです。今でもそのことをネタにします。当時の落語協会会長と太いパイプでつながっていたからで、パイプの太さは落語界一ですって」

 それは今だから笑いにできるので、昇進当時の花緑はそんな余裕はないように見えた。

「自分にまったく自信のないやつだったんです。というのも、小学生の頃から勉強ができなくて、成績は美術と音楽以外は1か2でした。漢字が書けない、教科書が読めない。落ち着きがなくて、授業中におしゃべりをして、何度先生に注意されても懲りない。しょっちゅう忘れ物をする。実はすべて、ある病気の症状だったと最近わかったんですが」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  2. 2

    娘の命を助けてくれたから…母親が恩人に“返した”ものとは

  3. 3

    中島裕翔が離脱か 改元で「Hey!Say!JUMP」に不穏な動き

  4. 4

    “好きなジャニーズ2019”山田涼介1位 進む世代交代の行方

  5. 5

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  6. 6

    誰がどうして?解散日程の“怪メール”流出で永田町右往左往

  7. 7

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  8. 8

    コウキに続け 花盛りの2世タレントで令和ブレークするのは

  9. 9

    “おっぱい”丸山氏 次は“出所不明”300万円超の政治資金疑惑

  10. 10

    GW渡航先1番人気は「韓国」…嫌韓派の歯ぎしりが聞こえる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る