小さんは訥々としゃべっているようで最後までちゃんと計算

公開日:

 先代小さんは古典落語の名人として人間国宝になったが、実は新作落語も演じていた。

「山田洋次監督の『男はつらいよ・奮闘篇』に出演したのがご縁で親しくなり、監督がつくって下さったんです。『真二つ』『頓馬の使者』『目玉』の3席で、『真二つ』では芸術祭奨励賞を頂いてます」

 山田監督は落語に造詣が深いことでも知られている。

「監督とは何度も打ち合わせをして、話し合いながらつくり上げたそうです。新作落語にも意欲的だったんですね」

 そういえば、小さんは古典落語の中に現代的なくすぐりを入れていた。

「『かぼちゃ屋』で与太郎が『ライスカレーはさじで食う』と言ったり、『長屋の花見』にサイダーの口金が出てきたり、当時としては斬新なくすぐりですよね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  10. 10

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

もっと見る