清水健太郎ともう1人…有名人「薬物逮捕」の最多6回組は

公開日: 更新日:

 少し前になるが、先月、三田佳子(76)の次男の高橋祐也(38)が覚醒剤取締法違反容疑で逮捕された。この手の犯罪では逮捕が複数回で何回目かが話題になるが、整理してみよう。

 まず名前が浮かぶのは清水健太郎(65)。薬物使用で6回の逮捕歴。五輪体操選手だった岡崎聡子(57)は定期的に発覚し、13年には4年ぶり6度目の逮捕。この2人が最多回数だろう。

 著名人に限れば、なんと高橋の4回はこれに続く堂々の3位。田代まさし(62)は盗撮などの逮捕・書類送検を除いて3回。大きな話題となったが、清原和博(51)や酒井法子(47)は逮捕は1回。

 そして気になるのは復帰や芸能界に与える影響だ。元光GENJIの赤坂晃(45)は2度の逮捕歴があるが、服役を終えて数年たち、今年8月にソロライブを行った。限定的なライブやコンサートはやれても、テレビやラジオはスポンサーやコンプライアンスの問題でまず無理。映画もハードルが上がる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る