沢田研二は14年前にも…公演ドタキャンの真相は客の不入り?

公開日:

「本日の公演は契約上の問題が発生した為中止とさせていただきます」――。歌手の沢田研二(70)が17日にさいたまスーパーアリーナで開催予定だったコンサートを開演1時間前に“ドタキャン”して大騒ぎになっている。会場前には「契約上の問題」と書かれた張り紙が掲示され、会場スタッフが拡声器で文面を読み上げただけで詳しい説明はなし。詰めかけたファンがSNS上で「ドタキャンかよ」「勝手にしやがれ!」と不満をぶちまけるのも当然だろう。

 沢田は現在、7月からスタートしたコンサートツアー「70YEARS LIVE『OLD GUYS ROCK』」の真っ最中。来年1月21日の日本武道館公演まで66公演が予定されている。沢田の所属事務所も対応しておらず、いまのところ真相は不明だ。

「一般的に中止理由として考えられるのは悪天候や体調不良。しかし、台風などの天候は関係ないし、体調不良ならそう発表すればいい。もうひとつは会場規模に対してチケットが思うように売れなかったためギャラで揉めるケース。さいたまスーパーアリーナは1万2000人収容ですが、たとえば半分以上チケットが売れなければギャラをダウンするという取り決めなどを交わし、実際、チケットが当日券を発行してもさばけないこともままある。その場合に赤字は避けたい主催者側の申し出に対して沢田サイドが納得がいかず、だったら中止だということも考えられます」(コンサート興行関係者)

 沢田は14年前の2004年にもコンサートをドタキャンした過去があり、このときはチケットが売れずに集客がうまくいかなかったことが原因といわれている。真相はこれから明らかになるのだろうが、ジュリーに会えるのを楽しみにしていたファンの悲鳴を背中で聞いて“あばよ”では済まされない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る