清原和博が社会復帰へ 会費1万円スポーツクラブで目撃情報

公開日:

 元プロ野球選手でタレントの清原和博(51)が、先月、都内の繁華街にいたところ、薬物使用の疑いをかけられ警察に連行されていたことが一部週刊誌などで報じられた。

「清原の腕には、糖尿病のインシュリン注射の痕が見えたため疑われたもよう。清原は薬物使用を否定したものの、パトカーに乗せられ警察署に連行。結局、尿検査まで行われたが薬物は検出されなかった」(全国紙社会部記者)

 清原は2016年2月に覚醒剤取締法違反の容疑で逮捕され、同年5月に懲役2年6月、執行猶予4年の判決を下され猶予中。薬物依存症の治療は現在も続いており、1日4回の服薬と2週間に1度の通院治療中。重度の糖尿病の治療も負担になっているというが、さすがに薬物には懲りたのか、心身共に更生に向かっているという。

「ある平日の夕方、都心にあるフィットネスクラブに清原がいました。まだお腹はぽっこりでしたが、パーソナルトレーナーらしき人物と黙々とトレーニングをこなしていました。いまだに周囲を警戒するような感じではありましたけど、トレーナーとも談笑するなどしていました。以前は高級フィットネスクラブに通っていましたが、そこの会費は月に1万円ほど。生活ぶりは質素なのかもしれません」(目撃した会員)

 7月に発売した自叙伝「告白」(文芸春秋)は10万部を突破するベストセラーに。番長は着実に社会復帰に向けて歩んでいるようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る