清原和博が社会復帰へ 会費1万円スポーツクラブで目撃情報

公開日: 更新日:

 元プロ野球選手でタレントの清原和博(51)が、先月、都内の繁華街にいたところ、薬物使用の疑いをかけられ警察に連行されていたことが一部週刊誌などで報じられた。

「清原の腕には、糖尿病のインシュリン注射の痕が見えたため疑われたもよう。清原は薬物使用を否定したものの、パトカーに乗せられ警察署に連行。結局、尿検査まで行われたが薬物は検出されなかった」(全国紙社会部記者)

 清原は2016年2月に覚醒剤取締法違反の容疑で逮捕され、同年5月に懲役2年6月、執行猶予4年の判決を下され猶予中。薬物依存症の治療は現在も続いており、1日4回の服薬と2週間に1度の通院治療中。重度の糖尿病の治療も負担になっているというが、さすがに薬物には懲りたのか、心身共に更生に向かっているという。

「ある平日の夕方、都心にあるフィットネスクラブに清原がいました。まだお腹はぽっこりでしたが、パーソナルトレーナーらしき人物と黙々とトレーニングをこなしていました。いまだに周囲を警戒するような感じではありましたけど、トレーナーとも談笑するなどしていました。以前は高級フィットネスクラブに通っていましたが、そこの会費は月に1万円ほど。生活ぶりは質素なのかもしれません」(目撃した会員)

 7月に発売した自叙伝「告白」(文芸春秋)は10万部を突破するベストセラーに。番長は着実に社会復帰に向けて歩んでいるようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  5. 5

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  9. 8

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  10. 9

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  11. 10

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

もっと見る