都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

公開日: 更新日:

 例えば、ある音楽関係者は「有名女性歌手Nをプロデュースしてもらえませんか?」と打診しているという。あるいは、安室さんに“黒子”になってもらい、楽曲提供をお願いしようとする動きもある。

 安室さんを古くから知る芸能関係者は「アムロは才能があるのに埋もれている新人の発掘、育成には、少なからず関心を持っているみたいだよ」と私にささやいた。

 そういえば、私は今から23年前、東京・赤坂の「全日空ホテル」の2階のカフェテリアで当時17歳だった安室さんを取材したことがある。彼女は、「(音楽プロデューサーの)小室哲哉さんに曲を書いてもらいたい!」と盛んに繰り返していた。私が「ダンスが好きなの?」と聞くと「ウン」とうなずいた。「いつ頃から踊り始めたの?」と質問すると、「小学生から。ディスコにも友達と行ってた」と答えた。「小学生で? お金は?」と突っ込むと、「ウン、黒服に顔パスだった」と悪びれる様子もなく語った。純朴で素直な性格の女性なのだ。あのキラキラした瞳と可愛らしい笑顔が、今も強く印象に残っている。


 ただ、ジリ貧傾向にある芸能界としては、ドル箱になる可能性を秘めた安室さんをいつまでも放っておくわけにはいかないのだろう。「必ず戻ってくる……」と半ば願望交じりに数年後の復帰を期待する声もある。

 しかし、今のところ、こうした復帰オファーが安室さんの元に届いた形跡はない。彼女が当面の生活に困ることはないだろうし、ようやく手にしたささやかで平和な生活を存分に楽しむつもりではないか。

(芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

  2. 2
    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  2. 7
    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

  3. 8
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 9
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  5. 10
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?